• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

キム・ハヌルと大違い 日本人選手の飛距離コンプレックス

【ワールドレディス・サロンパス杯】

「観客は4万人を超えたけど、やっぱり日本人選手に勝ってもらわないとねぇ。昨年は東コースで飛ばし屋のトンプソンが勝って、それなら西コースはどうかと思ったんだけど……」(主催者)

 舞台となった西Cは昨年大会の東C(6605ヤード)よりも距離が長く、しかもフェアウエーが狭くてグリーンも小さいため、ショットの精度とテクニックが求められる設定だった。簡単に2オンできるロングホールも少なく、必ずしもロングヒッターが有利ではなかった。主催者は日本人選手にもチャンスありとみていたわけだ。が、その思惑は見事に外れた。

 大会史上最多の4万1484人の観客を集めた今大会は、レキシー・トンプソン(22)の連覇でも、日本人選手の3大会ぶり優勝でもなく、首位発進のキム・ハヌル(28)が逃げ切り2戦連続優勝。賞金ランク1位に立ち、昨年のリコーカップからメジャー連勝となった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  3. 3

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  4. 4

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  7. 7

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  8. 8

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  9. 9

    ロング丈ワンピ姿に注目 前田敦子はやっぱり“おめでた”か

  10. 10

    進次郎氏当日まで完黙…裏に父・小泉元首相“ゴルフ密約説”

もっと見る