キム・ハヌルと大違い 日本人選手の飛距離コンプレックス

公開日:  更新日:

【ワールドレディス・サロンパス杯】

「観客は4万人を超えたけど、やっぱり日本人選手に勝ってもらわないとねぇ。昨年は東コースで飛ばし屋のトンプソンが勝って、それなら西コースはどうかと思ったんだけど……」(主催者)

 舞台となった西Cは昨年大会の東C(6605ヤード)よりも距離が長く、しかもフェアウエーが狭くてグリーンも小さいため、ショットの精度とテクニックが求められる設定だった。簡単に2オンできるロングホールも少なく、必ずしもロングヒッターが有利ではなかった。主催者は日本人選手にもチャンスありとみていたわけだ。が、その思惑は見事に外れた。

 大会史上最多の4万1484人の観客を集めた今大会は、レキシー・トンプソン(22)の連覇でも、日本人選手の3大会ぶり優勝でもなく、首位発進のキム・ハヌル(28)が逃げ切り2戦連続優勝。賞金ランク1位に立ち、昨年のリコーカップからメジャー連勝となった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る