• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

キム・ハヌルと大違い 日本人選手の飛距離コンプレックス

【ワールドレディス・サロンパス杯】

「観客は4万人を超えたけど、やっぱり日本人選手に勝ってもらわないとねぇ。昨年は東コースで飛ばし屋のトンプソンが勝って、それなら西コースはどうかと思ったんだけど……」(主催者)

 舞台となった西Cは昨年大会の東C(6605ヤード)よりも距離が長く、しかもフェアウエーが狭くてグリーンも小さいため、ショットの精度とテクニックが求められる設定だった。簡単に2オンできるロングホールも少なく、必ずしもロングヒッターが有利ではなかった。主催者は日本人選手にもチャンスありとみていたわけだ。が、その思惑は見事に外れた。

 大会史上最多の4万1484人の観客を集めた今大会は、レキシー・トンプソン(22)の連覇でも、日本人選手の3大会ぶり優勝でもなく、首位発進のキム・ハヌル(28)が逃げ切り2戦連続優勝。賞金ランク1位に立ち、昨年のリコーカップからメジャー連勝となった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事