3戦連続Vでも…評論家が宮里優作と日本ツアーに叱咤激励

公開日: 更新日:

【関西オープン】

 日本ツアー16年ぶりの3戦連続優勝記録がかかる宮里優作(36)。イン発進の初日は、前半2バーディー、1ボギーの1アンダーでターン。ところが後半は3ボギーと崩れて2オーバー48位タイと出遅れた。

 大会前には「(記録は)やってみないと分からない」「まずは4日間やることが大事」と煮え切らないコメントだった。

 その時点で、今大会での宮里の活躍を期待するゴルフファンはガッカリだ。

 評論家の菅野徳雄氏が「宮里には魅力が全く感じられない」とこう指摘する。

「ゴルフ道をひたすら究めて、2連勝もするようになれば、人の心に響くような一言や二言が自然と出てくるものですが、すごいなぁと感じさせるものが伝わってこない。スター性がないと言われても仕方ない。そもそも2連勝も激しく競い合ってのものでもなかった。それはツアー全体の問題でもある。かつてAON(青木功、尾崎将司、中嶋常幸)がいたり、和製ビッグ3と呼ばれた杉本英世、安田春雄、河野高明とライバル同士が競り合って男子ツアーを盛り上げた。ところが、いまの日本ツアーには宮里のライバルすら見当たらない。だから全身全霊、最後の力を振り絞って、へとへとになるような勝利でもなかった。今週、宮里が3連勝したって、それがなんだっていう感じです」

 ワクワク、ドキドキが日本男子ツアーには欠如しているわけで、これでは人気は上がらない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沢尻エリカ逮捕に長谷川博己の胸中は…事務所担当者が語る

  2. 2

    ウッズ歴代最多Vの偉業を日本で 賞金以外にいくら稼いだか

  3. 3

    沢尻エリカの再生に尽力も水泡…“実姉”蜷川実花監督の慟哭

  4. 4

    プロ意識欠如し誘惑に負け…沢尻エリカと剛力彩芽の共通項

  5. 5

    スキャンダルで目くらましする官邸の手法は見抜かれている

  6. 6

    長期の理由は国民洗脳 安倍政権の“桂太郎超え”2887日<上>

  7. 7

    「死ね」暴言の笠りつ子に厳重注意のみ…遅すぎた大甘処分

  8. 8

    自民改選議員を“常習”招待「桜を見る会」で48人違法当選か

  9. 9

    鈴木愛は3週連続Vでも 残り2戦は賞金女王へ“高いハードル”

  10. 10

    芦田愛菜は大絶賛も…“着物姿”を比べられた神田うのの悲哀

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る