• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

手術は4度目…それでもT・ウッズが現役にしがみつく理由

「タイガー・ウッズはもう引退した方がいい」

 そんな声が米ゴルフ界で高まっている。

 ウッズが4月20日、腰と足の痛みを和らげるために4度目となる腰の手術を受けたと発表した。完治には最低でも6カ月もかかるため、年内の試合出場は望めず、早くても年明けの復帰になる。

 結局、2016-17シーズンはファーマーズ・インシュランス(予選落ち)1試合に出場しただけで、獲得賞金ゼロで終わる。

「手術は極端に狭くなった椎間板が神経を刺激するために、ダメージを受けている椎間板を切除し、脊椎を固定する手術を行ったようです。完治したら試合にも出たいと前向きなのですが、この手の手術で全盛期の体を取り戻すことは難しい。スポンサーとの契約で、まだ試合に出場しなければならないのだろうが、プロとしてゴルフを続けるのはもう無理だというのが大方の意見です」(米ゴルフ事情に詳しい吉川英三郎氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    矢継ぎ早発表もポーズ 安倍政権の被災地支援は中身空っぽ

  3. 3

    河野外相ツイートが炎上 切望した外遊の中身は“観光”同然

  4. 4

    股関節痛め広島視察中止…安倍首相に健康不安説また再燃

  5. 5

    障害年金は支給継続も…非情な政策を傍観した公明党の大罪

  6. 6

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  7. 7

    DeNA伊藤光を直撃 トレード1週間で即スタメンマスクの心境

  8. 8

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  9. 9

    小沢一郎氏の知恵袋が指摘 安倍政権による「内乱」予備罪

  10. 10

    年俸500万円でDeNAへ 中後が語っていたマイナー時代の苦労

もっと見る