手術は4度目…それでもT・ウッズが現役にしがみつく理由

公開日: 更新日:

タイガー・ウッズはもう引退した方がいい」

 そんな声が米ゴルフ界で高まっている。

 ウッズが4月20日、腰と足の痛みを和らげるために4度目となる腰の手術を受けたと発表した。完治には最低でも6カ月もかかるため、年内の試合出場は望めず、早くても年明けの復帰になる。

 結局、2016-17シーズンはファーマーズ・インシュランス(予選落ち)1試合に出場しただけで、獲得賞金ゼロで終わる。

「手術は極端に狭くなった椎間板が神経を刺激するために、ダメージを受けている椎間板を切除し、脊椎を固定する手術を行ったようです。完治したら試合にも出たいと前向きなのですが、この手の手術で全盛期の体を取り戻すことは難しい。スポンサーとの契約で、まだ試合に出場しなければならないのだろうが、プロとしてゴルフを続けるのはもう無理だというのが大方の意見です」(米ゴルフ事情に詳しい吉川英三郎氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    白鵬が突然の方針転換…「年内引退」発言にダメ押したモノ

  2. 2

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  3. 3

    祖母が64年前に着たドレスで…花嫁が「そっくり」と話題に

  4. 4

    あるか河井夫妻買収事件ダブル立件 検察は官邸に忖度せず

  5. 5

    2横綱1大関に続き朝乃山も撃破 好調遠藤を支える謎の新妻

  6. 6

    サンキュータツオはなぜミルクボーイ優勝を的中できたのか

  7. 7

    昨年末から連日話題だが…キムタクは本当に人気があるのか

  8. 8

    乃木坂46を卒業 白石麻衣に“接近”したアイドルタレント2人

  9. 9

    「海老蔵」名義最後の本公演…秋元康の台本がひど過ぎる

  10. 10

    AKBを他山の石に…乃木坂46白石麻衣に見る高嶺の花の功績

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る