“トンプソンの悲劇”がきっかけ TV映像使用制限は誰のため

公開日:

 ひとつの「指針」が出た。ゴルフ界を統括する米国ゴルフ協会(USGA)と英国のロイヤル・アンド・エンシェント・ゴルフ・クラブ・オブ・セント・アンドルーズ(R&A)は25日、視聴者などがテレビの映像確認で指摘したルール違反に対するペナルティーには制限を設けることを発表した。

 この件が議論になったきっかけは、今月2日に最終日を迎えた米女子のANAインスピレーション。首位を走るレキシー・トンプソン(米国)は、テレビ中継の視聴者から大会3日17番のグリーンで、ボールを正しい位置に戻さなかったとの指摘を受けて4罰打(誤所からのプレー2罰打+スコア誤記2罰打)が科せられ、プレーオフで負けたからだ。

 テレビ視聴者からのクレームでペナルティーを科せられたことに、多くのプロゴルファーがSNSなどで“持論”を主張。タイガー・ウッズが「テレビ視聴者は競技委員ではない」とつぶやくなど、トンプソンを擁護する声が多かった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  2. 2

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  3. 3

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  6. 6

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

  10. 10

    “PC打てない”桜田大臣 ツイッターで大島優子フォローの謎

もっと見る