• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

上田桃子が3年ぶりV 17Hでみせた“決心顔”に成長の跡

【中京テレビ・ブリヂストンレディス 最終日】

 上田桃子(30)が3年ぶりに勝った。

「この3年間は苦しかった。いい位置にいながら勝てず、またかなと思いながらプレーした。熊本のリベンジがプラスに働いたと思う」(上田)

 熊本のリベンジとは、4月のKKT杯バンテリンレディスのことだ。

 その大会で上田は2位に2打差をつける単独首位で最終18番ホールを迎えながら、下り1メートル足らずのパーパットを外して3パットボギー。西山ゆかりとのプレーオフになり1ホール目に池ポチャのミスから敗れてV逸。「情けないと思う」と大泣きした。

■勝つためのスタイルをつかんだ

 田原紘プロが、「3年かけて勝つ整理がついたのでは」とこう解説する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事