上田桃子が3年ぶりV 17Hでみせた“決心顔”に成長の跡

公開日:  更新日:

【中京テレビ・ブリヂストンレディス 最終日】

 上田桃子(30)が3年ぶりに勝った。

「この3年間は苦しかった。いい位置にいながら勝てず、またかなと思いながらプレーした。熊本のリベンジがプラスに働いたと思う」(上田)

 熊本のリベンジとは、4月のKKT杯バンテリンレディスのことだ。

 その大会で上田は2位に2打差をつける単独首位で最終18番ホールを迎えながら、下り1メートル足らずのパーパットを外して3パットボギー。西山ゆかりとのプレーオフになり1ホール目に池ポチャのミスから敗れてV逸。「情けないと思う」と大泣きした。

■勝つためのスタイルをつかんだ

 田原紘プロが、「3年かけて勝つ整理がついたのでは」とこう解説する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  3. 3

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  4. 4

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  5. 5

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  6. 6

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  7. 7

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  8. 8

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

  9. 9

    ケータイ料金節約のコツは「通話が多いか否か」で決める

  10. 10

    英国「合意なきEU離脱」直撃 業績悪化危機の日系企業21社

もっと見る