• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

賞金女王が視野に 鈴木愛は“韓国包囲網”を打破できるか

【ほけんの窓口レディース 最終日】

 サイバーエージェントレディスでキム・ハヌルにプレーオフで敗れた鈴木愛(23)が通算7アンダーで優勝。2160万円もの賞金を手にして、今季の獲得賞金は4300万円を超えてマネーランク2位に浮上した。

 今季は2年連続賞金女王のイ・ボミが不調で、開幕戦の3位タイが最高成績。今大会は2度目の予選落ちで同ランクは21位。昨年は約1億2500万円を稼いでランク5位だった鈴木には、4年ぶりとなる日本人女王の期待がかかる。

 だが、賞金レースのトップ5を見ると、鈴木以外はトップのキム・ハヌル(5956万円)から、3位イ・ミニョン(3918万円)、4位アン・ソンジュ(3692万円)、5位全美貞(3401万円)まですべて韓国人選手だ。

 今季、年間5勝を目標に掲げている鈴木は、賞金女王のタイトルを狙っている。

「今年はLPGA創立50周年。やっぱり日本人選手がナンバーワンにならなければいけない」と言ったが、実力者揃いの「韓国包囲網」から抜け出すのは簡単ではない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  5. 5

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  6. 6

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  7. 7

    主砲にも日本語でタメ口 エンゼルス大谷「英語力」の謎

  8. 8

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  9. 9

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  10. 10

    9月の過密日程より心配 阪神が抱える“ロサリオ・大山問題”

もっと見る