プレーオフの末V逸し涙…上田桃子はなぜ勝てなかった?

公開日: 更新日:

【KKT杯バンテリンレディス 最終日】

 2位に2打差をつけて最終18番パー5を迎えた上田桃子(30)にとって、今大会10年ぶり2度目の優勝と、3年ぶりツアー通算12勝目は目前だった。

 上がりホールは初日、2日目とも2打目にユーティリティーを使ってバーディーを奪っており、相性が良かったからだ。

 ところが本戦18番では初めて2打目をレイアップ。残り63ヤードの3打目はピン上10メートルと寄せきれず、下り1メートルのパーパットを外して3パットボギー。同組の西山ゆかり(34)がピン上5メートルからバーディーパットを沈め、土壇場で上田に追いつきプレーオフに突入した。

 18番で行われたプレーオフで上田は、「先手必勝なので右のバンカーでもOK」と2オンを狙った。しかし、ボールは狙いより左方向に飛び出してグリーン手前の池につかまり4オン2パットのボギー。パーセーブした西山に1ホール目で逆転負けを食らったのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相またウソ “自衛官の息子涙目”逸話には元ネタあり

  2. 2

    もし“キャンプ番長”斎藤佑樹の指導者が栗山監督以外なら…

  3. 3

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  4. 4

    夏の甲子園準Vの日本文理野球部で…窃盗事件もみ消し疑惑

  5. 5

    まるで残尿内閣…統計不正キーマン“チョロ出し”の時間稼ぎ

  6. 6

    6億円FAが補欠かも…巨人炭谷の正捕手を阻む小林の“鬼肩”

  7. 7

    日本初「事業再生支援会社」の着手案件が次々と破綻危機

  8. 8

    和田アキ子戦々恐々…カンニング竹山が「ご意見番」下剋上

  9. 9

    最低12.0%で最高39.7% NHK大河ドラマの全話平均視聴率

  10. 10

    乙武さんがハーフ美女と再婚へ 日刊ゲンダイもデート目撃

もっと見る