• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
鈴村裕輔
著者のコラム一覧
鈴村裕輔アメリカ野球愛好会副代表

1976年、東京都出身。法政大学博士(学術)。法政大学社会学部兼任講師。主な専門は政治史、比較思想。野球史研究家として日米の野球の研究にも従事しており、主著に「MLBが付けた日本人選手の値段」(講談社)がある。スポーツを取り巻く様々な出来事を社会、文化、政治などの多角的な視点から分析している。アメリカ野球学会会員。

投資家グループに利用されるアメリカの著名人たち

永久欠番式典でのデレク・ジーター(C)AP

 マーリンズの売却先の候補が明らかになると、大リーグ関係者だけでなく、全米、さらに世界各国が驚きの声を上げた。それは、かねてマーリンズの売却を計画していたジェフリー・ローリアが目的を果たしたからでも、経営規模が大きくないマーリンズの落札額が13億ドル(約1450億円)であったから…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事