メッキはがれたメダルも リオ五輪組織委が“不良品”交換へ

公開日:  更新日:

 メダリストが救済措置を受けることになった。

 粗悪品が多いと不評だった昨夏のリオ五輪のメダルが新品に交換されるのだ。リオ五輪組織委員会が23日(日本時間24日)に明らかにした。

 昨夏のメダル974個のうち、同組織委が把握しているだけでも6~7%が落下などが原因で破損。多くの選手は帰国後の祝勝会でメダルを披露した際、誤って床に落として壊したとみられる。女子ビーチバレーで銅メダルを獲得したケリー・ウォルシュ(米国)のように、メダルのメッキがはがれてさびたケースもあるという。

 リオ五輪は財政難を理由に会場、施設建設費用を抑制。一部の会場では不備が目立ったが、メダルの材質も粗悪だったか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  4. 4

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  5. 5

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  6. 6

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  7. 7

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

  10. 10

    今度は連ドラ初出演…田中みな実“媚びた笑顔”に隠れた野心

もっと見る