「暑さ指数」世界発信で心配される東京五輪の参加者激減

公開日: 更新日:

 実態を知った外国の選手たちはどんな顔をするだろう。

 酷暑が予想される2020年東京五輪・パラリンピック(7月24日~8月9日、8月25日~9月6日)に向けて、政府は競技会場周辺で熱中症を予防する「暑さ指数」を測定し発信するという。日本人はもちろん、外国人選手や関係者、観光客などの熱中症対策に役立てて欲しいという考えからだ。

 環境省によれば、「暑さ指数」とは熱中症を予防することを目的として1954年に米国で提案された指標で、湿度や日差し、気温などを取り入れたもの。熱中症の危険度が軽い順に、①注意(25度未満)②警戒(25度以上28度未満)③厳重警戒(28度以上31度未満)④危険(31度以上)の4段階に分かれる。

 同省はすでに全国各地の「暑さ指数」をホームページで公表しているが、今年から20年まで上記の大会期間に合わせ、新国立競技場の周辺など10カ所以上で指数の測定を続け、20年の本番に備える。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ吉本退社の明暗…藤森のタナボタはいつまで続く?

  2. 2

    エンゼルス大谷の現在地 調停金額で分かった二刀流の評価

  3. 3

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  4. 4

    “組織委に中止計画”発言裏で電通専務と菅氏がステーキ会食

  5. 5

    近藤春菜「スッキリ」卒業後は婚活?厳格に育ったお嬢さん

  6. 6

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  7. 7

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  8. 8

    ロッテ清田「無期限謹慎」は選手の不倫にブレーキかけるか

  9. 9

    巨人桑田コーチ補佐“先発135球”指令の波紋 何人できるか?

  10. 10

    森七菜はまだマシ?ステージママは売れる前にわが子を潰す

もっと見る