「暑さ指数」世界発信で心配される東京五輪の参加者激減

公開日:  更新日:

 実態を知った外国の選手たちはどんな顔をするだろう。

 酷暑が予想される2020年東京五輪・パラリンピック(7月24日~8月9日、8月25日~9月6日)に向けて、政府は競技会場周辺で熱中症を予防する「暑さ指数」を測定し発信するという。日本人はもちろん、外国人選手や関係者、観光客などの熱中症対策に役立てて欲しいという考えからだ。

 環境省によれば、「暑さ指数」とは熱中症を予防することを目的として1954年に米国で提案された指標で、湿度や日差し、気温などを取り入れたもの。熱中症の危険度が軽い順に、①注意(25度未満)②警戒(25度以上28度未満)③厳重警戒(28度以上31度未満)④危険(31度以上)の4段階に分かれる。

 同省はすでに全国各地の「暑さ指数」をホームページで公表しているが、今年から20年まで上記の大会期間に合わせ、新国立競技場の周辺など10カ所以上で指数の測定を続け、20年の本番に備える。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  4. 4

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    カネだけじゃない…ソフトBが持つ最大の武器は“世界の王”

もっと見る