• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「暑さ指数」世界発信で心配される東京五輪の参加者激減

 実態を知った外国の選手たちはどんな顔をするだろう。

 酷暑が予想される2020年東京五輪・パラリンピック(7月24日~8月9日、8月25日~9月6日)に向けて、政府は競技会場周辺で熱中症を予防する「暑さ指数」を測定し発信するという。日本人はもちろん、外国人選手や関係者、観光客などの熱中症対策に役立てて欲しいという考えからだ。

 環境省によれば、「暑さ指数」とは熱中症を予防することを目的として1954年に米国で提案された指標で、湿度や日差し、気温などを取り入れたもの。熱中症の危険度が軽い順に、①注意(25度未満)②警戒(25度以上28度未満)③厳重警戒(28度以上31度未満)④危険(31度以上)の4段階に分かれる。

 同省はすでに全国各地の「暑さ指数」をホームページで公表しているが、今年から20年まで上記の大会期間に合わせ、新国立競技場の周辺など10カ所以上で指数の測定を続け、20年の本番に備える。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事