チェルノワがドーピング陽性 五輪メダル2度剥奪の珍記録

公開日:  更新日:

 陸上のロシア人メダリストに前代未聞の事態だ。IOC(国際オリンピック委員会)は24日、2008年北京五輪のドーピング再検査で陽性反応を示した陸上女子七種競技銅メダルのタチアナ・チェルノワ(29=ロシア)を失格処分にしたと発表。北京五輪の記録は抹消され、メダルも剥奪される。

 チェルノワのドーピング違反は今回が初めてではない。11年8月の世界選手権(韓国・大邱)で金メダルを獲得してからは何度も検査に引っ掛かった常習犯だ。16年11月には血液データを蓄積して変化を調べる「生体パスポート」で異常値を示し、12年ロンドン五輪の銅メダルも剥奪されている。

 これまで禁止薬物使用が発覚して失格になった選手はいくらでもいるが、1人で2度も剥奪されるのは極めてまれなケースだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  7. 7

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  8. 8

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  9. 9

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  10. 10

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

もっと見る