チェルノワがドーピング陽性 五輪メダル2度剥奪の珍記録

公開日: 更新日:

 陸上のロシア人メダリストに前代未聞の事態だ。IOC(国際オリンピック委員会)は24日、2008年北京五輪のドーピング再検査で陽性反応を示した陸上女子七種競技銅メダルのタチアナ・チェルノワ(29=ロシア)を失格処分にしたと発表。北京五輪の記録は抹消され、メダルも剥奪される。

 チェルノワのドーピング違反は今回が初めてではない。11年8月の世界選手権(韓国・大邱)で金メダルを獲得してからは何度も検査に引っ掛かった常習犯だ。16年11月には血液データを蓄積して変化を調べる「生体パスポート」で異常値を示し、12年ロンドン五輪の銅メダルも剥奪されている。

 これまで禁止薬物使用が発覚して失格になった選手はいくらでもいるが、1人で2度も剥奪されるのは極めてまれなケースだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  2. 2

    年金生活者の確定申告 面倒くさがらずにやれば還付3万円超

  3. 3

    忖度なしの外資系が…ANAホテル沈黙は安倍自民の口封じか

  4. 4

    嵐に深刻ファン離れ…ナゾの「256動画」も盛り上がらず

  5. 5

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  6. 6

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  7. 7

    嵐・櫻井翔の“秘密情報”ダダ漏れ裏に熱狂「裏アカ」の存在

  8. 8

    嵐ファン真っ青…北京公演中止に続き21年結婚ラッシュ突入

  9. 9

    ノートのコピーが自らの首を締め…功名心に負けた阪神時代

  10. 10

    飯豊まりえに“ミタゾノの呪い” 過去のヒロインは引退沙汰

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る