• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

チェルノワがドーピング陽性 五輪メダル2度剥奪の珍記録

 陸上のロシア人メダリストに前代未聞の事態だ。IOC(国際オリンピック委員会)は24日、2008年北京五輪のドーピング再検査で陽性反応を示した陸上女子七種競技銅メダルのタチアナ・チェルノワ(29=ロシア)を失格処分にしたと発表。北京五輪の記録は抹消され、メダルも剥奪される。

 チェルノワのドーピング違反は今回が初めてではない。11年8月の世界選手権(韓国・大邱)で金メダルを獲得してからは何度も検査に引っ掛かった常習犯だ。16年11月には血液データを蓄積して変化を調べる「生体パスポート」で異常値を示し、12年ロンドン五輪の銅メダルも剥奪されている。

 これまで禁止薬物使用が発覚して失格になった選手はいくらでもいるが、1人で2度も剥奪されるのは極めてまれなケースだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  4. 4

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  5. 5

    「江戸むらさき」磯山良司さんが実家ラーメン店で働くワケ

  6. 6

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

  7. 7

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  8. 8

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  9. 9

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  10. 10

    K-POPガールズ空前のブーム レコード会社熾烈争奪戦の行方

もっと見る