チェルノワがドーピング陽性 五輪メダル2度剥奪の珍記録

公開日: 更新日:

 陸上のロシア人メダリストに前代未聞の事態だ。IOC(国際オリンピック委員会)は24日、2008年北京五輪のドーピング再検査で陽性反応を示した陸上女子七種競技銅メダルのタチアナ・チェルノワ(29=ロシア)を失格処分にしたと発表。北京五輪の記録は抹消され、メダルも剥奪される。

 チェルノワのドーピング違反は今回が初めてではない。11年8月の世界選手権(韓国・大邱)で金メダルを獲得してからは何度も検査に引っ掛かった常習犯だ。16年11月には血液データを蓄積して変化を調べる「生体パスポート」で異常値を示し、12年ロンドン五輪の銅メダルも剥奪されている。

 これまで禁止薬物使用が発覚して失格になった選手はいくらでもいるが、1人で2度も剥奪されるのは極めてまれなケースだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    河井夫妻“選挙買収”捜査本腰へ急展開 落選議員が検察援護

  2. 2

    手を出す? 俺にとって麗子はストライクゾーンに入らない

  3. 3

    松方弘樹は釣りと並んで女にも入れあげて力いっぱい生きた

  4. 4

    芸能界ケンカ最強候補だった渡瀬恒彦は女に手を出すのも…

  5. 5

    不倫報道のJr.を“一罰百戒” 滝沢秀明副社長いきなり正念場

  6. 6

    ディストピアを現実化 安倍政権の正体を忘れてはいけない

  7. 7

    元SMAPで独り勝ち キムタクが歩むジャニーズ大幹部への道

  8. 8

    落合は「絶対に当てないから大丈夫」と涼しい顔で言った

  9. 9

    「麒麟がくる」大コケ予想で三谷幸喜にすがるNHKの哀れ

  10. 10

    嵐・櫻井の婚前旅行の報道にファンの反応が冷ややかなワケ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る