6試合連続2ケタK 則本メジャー行きは楽天の“既定路線”

公開日:  更新日:

 野茂以来の快挙となった。楽天の則本昂大(26)が、25日のオリックス戦でリーグ単独トップの6勝目を挙げた。

 先発して8回126球を投げて10奪三振。連続2ケタ奪三振記録を6試合に伸ばした。これは、1991年の野茂英雄(近鉄)と並んで26年ぶり2人目のプロ野球タイ記録だ。

「記録だとかいろんなものがありましたけど、まずはチームが勝てるようにと思って投げました。監督、コーチに我慢して投げさせてもらったのでうれしいですけど、何より(チームが)勝てたことが一番うれしい」

 試合後の本人はこう謙虚に語ったが、心の奥にはメジャーリーグへの思いを秘めている。楽天の先輩で13年オフに海を渡ったヤンキース田中将大の“信者”として知られ、昨年末にはレンジャーズのダルビッシュ有(30)の自主トレにも参加。昨オフの契約更改で、今季からの3年契約が切れる2019年オフにポスティングシステムによるメジャーリーグ移籍について球団と話し合うことになったという。早ければ2年後のオフにもメジャーに挑戦する可能性がある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  2. 2

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

  9. 9

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  10. 10

    原発外交、領土交渉…自民党は3代目に身上をつぶされる

もっと見る