ダル7回1失点で6勝目 アストロズの徹底分析を乗り越えた

公開日:  更新日:

 レンジャーズ・ダルビッシュ有(30)が12日(日本時間13日)のアストロズ戦に登板。ア・リーグ西地区首位を独走する好調なライバル打線を相手に7回を1安打1失点、4奪三振、3四球で6勝目(4敗)をマークした。

 この日のダルは得点圏に走者を背負った五回に1点を失ったが、危なげない投球で最少失点で切り抜けた。

 ダルは前回の対戦(2日)では5回を1本塁打含む7安打3失点で4敗目を喫している。

 首位打者(14、16年)アルトゥーベを中心とする強力打線に打ち込まれたのは選手個々の能力に加えて、ライバルチームの分析力も見逃せない。

 アストロズのアナリスト担当の手腕は高く評価されており、スポーツ専門局「ESPN」が発表する最優秀アナリスト部門で毎年のように上位に名を連ねている。この部門のトップを務めるのはかつてNASA(米航空宇宙局)でエンジニア職に就いていたシグ・メジャル・アシスタントGMだ。NASAに勤務する傍ら、個人で大リーグのデータ収集、分析を行い、趣味が高じてカージナルスのアナリスト部門に転職した経歴を持つ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る