ダル7回1失点で6勝目 アストロズの徹底分析を乗り越えた

公開日:  更新日:

 レンジャーズ・ダルビッシュ有(30)が12日(日本時間13日)のアストロズ戦に登板。ア・リーグ西地区首位を独走する好調なライバル打線を相手に7回を1安打1失点、4奪三振、3四球で6勝目(4敗)をマークした。

 この日のダルは得点圏に走者を背負った五回に1点を失ったが、危なげない投球で最少失点で切り抜けた。

 ダルは前回の対戦(2日)では5回を1本塁打含む7安打3失点で4敗目を喫している。

 首位打者(14、16年)アルトゥーベを中心とする強力打線に打ち込まれたのは選手個々の能力に加えて、ライバルチームの分析力も見逃せない。

 アストロズのアナリスト担当の手腕は高く評価されており、スポーツ専門局「ESPN」が発表する最優秀アナリスト部門で毎年のように上位に名を連ねている。この部門のトップを務めるのはかつてNASA(米航空宇宙局)でエンジニア職に就いていたシグ・メジャル・アシスタントGMだ。NASAに勤務する傍ら、個人で大リーグのデータ収集、分析を行い、趣味が高じてカージナルスのアナリスト部門に転職した経歴を持つ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  4. 4

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  5. 5

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  6. 6

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  7. 7

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  8. 8

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    実は辺野古反対派 昭恵夫人「海を守りたい」思いはどこへ

もっと見る