聞こえてくるGM交代の先 巨人次期監督に中畑氏が急浮上

公開日:

 前日13日に就任した巨人の鹿取義隆GM兼編成本部長(60)が昨14日、ソフトバンクとの試合を前に首脳陣、選手、スタッフを集め、「こういう状況ですが、ファンは応援してくれている。これからしっかりと強いチームをつくっていきましょう」と挨拶した。選手は神妙な顔でうなずいていたそうだが、GM交代という事実上の粛清人事が断行された直後だけに、いまだ動揺が収まらない球団周辺では、「その先」を予測する声があちこちから聞こえてくる。

「事実上の更迭となった慶大出身の堤前GM(51)は、高橋由伸監督(42)の野球部の先輩にして、最大の理解者だった。そのGMがチーム低迷の責任を一身に背負って辞めたわけです。シーズン後に自分も、と考えてもおかしくはない。万が一のときには、斎藤雅樹二軍監督(52)の昇格が最有力といわれていたが、ここにきて中畑清前DeNA監督(63)が急浮上しているというのです。中畑さんは04年のオフ、1年目の堀内監督が3位に終わると、助監督就任を打診され、当時の滝鼻オーナーからしつこく口説かれた。最終的に本人の腰が引けて実現しなかったものの、そこで助監督を引き受けていたら、堀内監督の次は原監督の復帰ではなく、中畑監督誕生が読売首脳の考えだったのです。今の陰鬱としたチームの雰囲気、人気を考えれば、中畑さんが候補になってもおかしくないのは確かです」(日本テレビ関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    巨額税収減に負け惜しみ連発…小池知事がさらけ出した無能

  4. 4

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  7. 7

    世論調査で内閣支持率一斉下落…肝いり政策がそろって不評

  8. 8

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  9. 9

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

  10. 10

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

もっと見る