村田&大田しっぺ返し 巨人OBがハム“根気起用”学べと提言

公開日: 更新日:

「恥ずかしいですね。村田も大田も、巨人が自ら手放した元ドラフト1位の選手にやられての敗戦ですから」

 こう呆れるのは、巨人OBで元投手コーチの中村稔氏(評論家)だ。

 11日の試合。巨人打線は7年ぶりに日本球界に復帰した日本ハム先発の村田透(32)から5回で1点を取るのがやっと。プロ初白星を献上した。

 投手陣は、この日も本塁打を浴びた大田泰示(27)に3連戦で10打数7安打2本塁打とメッタ打ち。巨人の高橋由伸監督(42)は「工夫のなさなのか力のなさなのか。同じ打者に何度も打たれていては話にならない」と怒ったが、中村氏が言うように、巨人にとってはある意味、13連敗よりショックが大きい敗戦になったのではないか。

 巨人はこの村田を2007年大学生・社会人ドラフト1巡目で獲得したものの、一軍登板がないまま、10年に戦力外通告。「ドラフト1位選手をたった3年でクビ」と球団の非情さが話題になった。12球団合同トライアウトを受けた村田は当時、こんな思いを吐露していた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    3年前の因縁再び「広島誠也VS巨人坂本」セ3冠のし烈な争い

  2. 2

    暴言で辞職も得票率7割で再選 泉房穂明石市長が語る市民愛

  3. 3

    岡田版「白い巨塔」は大門未知子不在のドクターXみたい

  4. 4

    新垣結衣 来春朝ドラ「エール」に“バーター”出演の可能性

  5. 5

    広島8連勝で単独首位 OB投手も成果指摘の「佐々岡式」とは

  6. 6

    なすびさんの不屈の精神力「今は電波少年に感謝の気持ち」

  7. 7

    4試合10安打の巨人・丸 カープOBが危惧する“打撃の病気”は

  8. 8

    菊池涼介が証言 広島浮上は4.17G丸弾で“尻に火”がきっかけ

  9. 9

    20歳の渋野日向子ツアー初Vで加速「女子プロは命短し…」

  10. 10

    誰がどうして?解散日程の“怪メール”流出で永田町右往左往

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る