13連敗でストップも 巨人弱体化の根底に“失われた10年”

公開日: 更新日:

 巨人が9日、札幌の地でようやく連敗を13で止めた。マイコラスが八回まで無四球の5安打1失点。九回はマシソンが締め、助っ人2人で2点を守り切った。高橋由伸監督(42)は「1つ勝つことの難しさはこうなる前から分かっていたけど、よりそれを感じた期間だった。なかなか結果が出なかったが、結果でしか示せない世界。時間がかかったけど、結果が出て良かった」と安堵の表情を見せた。

 ようやく長いトンネルを抜けたとはいえ、83年の歴史に泥を塗る「13連敗」のワースト記録をつくった事実は重い。連敗は止まっても、ここまで弱体化したチームの根本的な問題点は横たわったままだ。

■08年以降の高卒主力は田口だけ

 球団の育成下手とドラフトの失敗である。

 高校、大学・社会人のドラフトが現行制度となった08年以降、巨人は昨秋までの9年間で計51人を指名している。しかし、その中で主力に成長しているのは長野、沢村、小林、菅野、田口の5人だけ。そのうち長野、沢村、菅野は「巨人しか行かない」と宣言したほぼ“逆指名”の完成形。高卒は田口しかいないのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  2. 2

    ぺこぱで話題“ノリツッコまない”漫才の元祖はダウンタウン

  3. 3

    ポスト安倍に西村康稔氏が急浮上 支持率急落で主流派焦り

  4. 4

    京大准教授「ソーシャルディスタンス2m必要なし」の根拠

  5. 5

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  6. 6

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  7. 7

    手越祐也に退所報道 “NEWSセンター”山下智久との明と暗

  8. 8

    久光製薬 中冨博隆会長 頼りはやっぱり「サロンパス」

  9. 9

    朝日・産経は過去に賭け麻雀追及 黒川氏“雀友”3人の責任は

  10. 10

    キヤノン御手洗冨士夫CEO 社長時代の栄光と持論は今いずこ

もっと見る