13連敗でストップも 巨人弱体化の根底に“失われた10年”

公開日:  更新日:

 巨人が9日、札幌の地でようやく連敗を13で止めた。マイコラスが八回まで無四球の5安打1失点。九回はマシソンが締め、助っ人2人で2点を守り切った。高橋由伸監督(42)は「1つ勝つことの難しさはこうなる前から分かっていたけど、よりそれを感じた期間だった。なかなか結果が出なかったが、結果でしか示せない世界。時間がかかったけど、結果が出て良かった」と安堵の表情を見せた。

 ようやく長いトンネルを抜けたとはいえ、83年の歴史に泥を塗る「13連敗」のワースト記録をつくった事実は重い。連敗は止まっても、ここまで弱体化したチームの根本的な問題点は横たわったままだ。

■08年以降の高卒主力は田口だけ

 球団の育成下手とドラフトの失敗である。

 高校、大学・社会人のドラフトが現行制度となった08年以降、巨人は昨秋までの9年間で計51人を指名している。しかし、その中で主力に成長しているのは長野、沢村、小林、菅野、田口の5人だけ。そのうち長野、沢村、菅野は「巨人しか行かない」と宣言したほぼ“逆指名”の完成形。高卒は田口しかいないのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    キミを守れなかった…金本擁護から逃げた坂井信也オーナー

もっと見る