交流戦10位の惨敗…巨人3位狙いへ暗雲垂れ込める“故障禍”

公開日:  更新日:

 18日のロッテとの交流戦最終戦。巨人は亀井の劇的な逆転サヨナラ弾で延長十二回の試合にケリをつけた。直前のマギーが3度敬遠され、それまでの2度は凡退。まさに3度目の正直となった。号泣しながらホームインしたヒーローを抱きかかえた高橋由伸監督(42)は「チームと自分で自分を救った一打だった」と賛辞を贈った。

 が、阿部慎之助(38)については表情を曇らせた。六回の第3打席で、顔面付近の直球に体をのけぞらせて後ろに転倒した際、体重がかかった右膝を負傷。そのまま途中交代となった。

 2打席連続アーチを放ち、通算383号で球団歴代単独3位に浮上した直後のアクシデント。高橋監督は試合後、「まだ聞いていないので何とも言えない」と、こちらは心配顔である。

■心配される主力の故障離脱

 巨人は最後の2カードを5勝1敗で乗り切ったとはいえ、交流戦は13連敗中の9連敗を含む6勝12敗で10位と惨敗。交流戦前まで5.5ゲームだった首位広島との差が、11.5ゲームに広がった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  2. 2

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  5. 5

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  6. 6

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る