交流戦10位の惨敗…巨人3位狙いへ暗雲垂れ込める“故障禍”

公開日: 更新日:

 18日のロッテとの交流戦最終戦。巨人は亀井の劇的な逆転サヨナラ弾で延長十二回の試合にケリをつけた。直前のマギーが3度敬遠され、それまでの2度は凡退。まさに3度目の正直となった。号泣しながらホームインしたヒーローを抱きかかえた高橋由伸監督(42)は「チームと自分で自分を救った一打だった」と賛辞を贈った。

 が、阿部慎之助(38)については表情を曇らせた。六回の第3打席で、顔面付近の直球に体をのけぞらせて後ろに転倒した際、体重がかかった右膝を負傷。そのまま途中交代となった。

 2打席連続アーチを放ち、通算383号で球団歴代単独3位に浮上した直後のアクシデント。高橋監督は試合後、「まだ聞いていないので何とも言えない」と、こちらは心配顔である。

■心配される主力の故障離脱

 巨人は最後の2カードを5勝1敗で乗り切ったとはいえ、交流戦は13連敗中の9連敗を含む6勝12敗で10位と惨敗。交流戦前まで5.5ゲームだった首位広島との差が、11.5ゲームに広がった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    6億円FAが補欠かも…巨人炭谷の正捕手を阻む小林の“鬼肩”

  2. 2

    安倍首相またウソ “自衛官の息子涙目”逸話には元ネタあり

  3. 3

    官邸文書申し入れ問題 記者イジメなぜ内閣記者会ダンマリ

  4. 4

    もし“キャンプ番長”斎藤佑樹の指導者が栗山監督以外なら…

  5. 5

    夏の甲子園準Vの日本文理野球部で…窃盗事件もみ消し疑惑

  6. 6

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  7. 7

    ゲレーロ濃厚も…巨人の“超大穴”左翼を他球団が密かに警戒

  8. 8

    乙武さんがハーフ美女と再婚へ 日刊ゲンダイもデート目撃

  9. 9

    日本初「事業再生支援会社」の着手案件が次々と破綻危機

  10. 10

    まるで残尿内閣…統計不正キーマン“チョロ出し”の時間稼ぎ

もっと見る