8試合連続2ケタKの秘密…楽天・則本は「脱いだらスゴイ」

公開日: 更新日:

 プロ野球記録を更新する8試合連続2ケタ奪三振をマークした楽天則本昂大(26)。

 記録達成の裏側で危惧されているのが、ケタ違いの投球数だ。今季登板した全11試合で100球以上を投げ、1試合平均は116球。昨季と同じ28試合に登板した場合、シーズンで3248球を投じることになる。三振を狙えば、おのずと球数が増えることにはなるが、則本は身長178センチと野球選手にしては小柄。このままでは体が悲鳴を上げるのも時間の問題ではないかと不安視されているのだ。

 しかし、ここまで疲労や故障を防ぐことができた秘密は、鍛え抜かれた肉体にある。楽天OBは言う。 

「体幹がものすごく強くてしっかりしている。裸になったら、ものスゴイ体をしていますよ」

 則本は昨オフ、肉体改造に着手。そのひとつが「ダルビッシュ塾」への入門だ。ヤンキースの田中将大(28)や巨人坂本勇人(28)ら、計25人もの選手らと共にダル流のウエートトレーニングのノウハウを学んだ。チームの後輩で、共にダル塾に参加した松井裕樹(21)は「シーズン中、ご飯に行ったとき、トレーニングの話になって相談に乗ってもらうこともある」と話す。

 体に対する意識の向上は食事の内容にも変化をもたらしている。チームメートとの酒席でも則本はほとんどアルコールを口にしないという。

 ダル仕込みのトレーニングと知識によって、着々と「メジャー仕様」の体に近づいているようなのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  2. 2

    中国の“弱点”三峡ダムが決壊の危機…世界中で株価の暴落も

  3. 3

    年金8兆円消えた…姑息GPIFが発表「今後失う」衝撃の数字

  4. 4

    ガッキー知人が悩み明かす「実年齢とのギャップに違和感」

  5. 5

    韓国俳優と熱愛報道 綾瀬はるかが亡父に誓った結婚の執念

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    老舗経済誌が安倍首相批判を特集した理由 編集長に聞いた

  8. 7

    西村コロナ担当相がイラつき激高 “逆ギレ会見”に批判殺到

  9. 8

    久米宏は日本のテレビやラジオにまだ必要だ

  10. 9

    安倍首相「自画自賛ウソ会見」と何も突っ込まないお粗末記者

  11. 10

    渡部と東出の不倫で好機 田辺誠一&大塚寧々夫婦株が急騰

もっと見る