8試合連続2ケタKの秘密…楽天・則本は「脱いだらスゴイ」

公開日:

 プロ野球記録を更新する8試合連続2ケタ奪三振をマークした楽天の則本昂大(26)。

 記録達成の裏側で危惧されているのが、ケタ違いの投球数だ。今季登板した全11試合で100球以上を投げ、1試合平均は116球。昨季と同じ28試合に登板した場合、シーズンで3248球を投じることになる。三振を狙えば、おのずと球数が増えることにはなるが、則本は身長178センチと野球選手にしては小柄。このままでは体が悲鳴を上げるのも時間の問題ではないかと不安視されているのだ。

 しかし、ここまで疲労や故障を防ぐことができた秘密は、鍛え抜かれた肉体にある。楽天OBは言う。 

「体幹がものすごく強くてしっかりしている。裸になったら、ものスゴイ体をしていますよ」

 則本は昨オフ、肉体改造に着手。そのひとつが「ダルビッシュ塾」への入門だ。ヤンキースの田中将大(28)や巨人の坂本勇人(28)ら、計25人もの選手らと共にダル流のウエートトレーニングのノウハウを学んだ。チームの後輩で、共にダル塾に参加した松井裕樹(21)は「シーズン中、ご飯に行ったとき、トレーニングの話になって相談に乗ってもらうこともある」と話す。

 体に対する意識の向上は食事の内容にも変化をもたらしている。チームメートとの酒席でも則本はほとんどアルコールを口にしないという。

 ダル仕込みのトレーニングと知識によって、着々と「メジャー仕様」の体に近づいているようなのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  8. 8

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  9. 9

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  10. 10

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

もっと見る