完全復活のはずが…今季ダル「奪三振」なぜ激減したのか

公開日:

 かつての奪三振王が見る影もない。レンジャーズ・ダルビッシュ有(30)が精彩を欠いている。

 18日(日本時間19日)のマリナーズ戦は5回5失点で5敗目(6勝)。防御率は3.35とまずまずながら、ここまで15試合(計94回)に投げ、奪三振数は99。ア・リーグ3位の奪三振数だが、トップのレッドソックス・セール(136個)、2位のレイズ・アーチャー(122個)の2人に大きく引き離されている。2013年に最多奪三振(277個)のタイトルを獲得した剛腕も、今季のスコアブックには「K(三振)」が少ないのだ。

 15年3月に受けた右肘手術から完全復活を果たしたといわれるが、奪三振数の激減は依然として患部に不安があるからか。

「むしろ、右肘の状態が万全なことが逆効果になっているのではないか。今季のダルはオフに肉体改造したこともあり、ストレートへのこだわりが強く、追い込んでからでも直球を投げるケースが目立ちます。パワーピッチャーを意識しているのか、相手打者との3巡目の対戦に入っても配球パターンを変えません。今季のダルが突然崩れるのは、ストレートに頼った単調な投球だからです」(JスポーツのMLB中継で解説を務める評論家の三井浩二氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

もっと見る