完全復活のはずが…今季ダル「奪三振」なぜ激減したのか

公開日: 更新日:

 かつての奪三振王が見る影もない。レンジャーズ・ダルビッシュ有(30)が精彩を欠いている。

 18日(日本時間19日)のマリナーズ戦は5回5失点で5敗目(6勝)。防御率は3.35とまずまずながら、ここまで15試合(計94回)に投げ、奪三振数は99。ア・リーグ3位の奪三振数だが、トップのレッドソックス・セール(136個)、2位のレイズ・アーチャー(122個)の2人に大きく引き離されている。2013年に最多奪三振(277個)のタイトルを獲得した剛腕も、今季のスコアブックには「K(三振)」が少ないのだ。

 15年3月に受けた右肘手術から完全復活を果たしたといわれるが、奪三振数の激減は依然として患部に不安があるからか。

「むしろ、右肘の状態が万全なことが逆効果になっているのではないか。今季のダルはオフに肉体改造したこともあり、ストレートへのこだわりが強く、追い込んでからでも直球を投げるケースが目立ちます。パワーピッチャーを意識しているのか、相手打者との3巡目の対戦に入っても配球パターンを変えません。今季のダルが突然崩れるのは、ストレートに頼った単調な投球だからです」(JスポーツのMLB中継で解説を務める評論家の三井浩二氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬さんの死と自身の不調

  2. 2

    巨人のドラフトとFA補強にソフトBの壁 争奪戦ガチンコ必至

  3. 3

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  4. 4

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  5. 5

    収入すべてを使い切る生活 今の暮らしでは4年後に老後破綻

  6. 6

    巨人と阪神が熱視線 ドラ1候補近大・佐藤の気がかりなキズ

  7. 7

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  8. 8

    虎フロントは今オフ大刷新 2度目のクラスターに親会社激怒

  9. 9

    原巨人がついに着手する“リストラ”作業 FA補強の影響は?

  10. 10

    スガ友人事横行 異例抜擢“秋田つながり”柿崎補佐官の評判

もっと見る