巨人また敗北…広島戦の勝率次第でコーチ陣のクビが飛ぶ

公開日:

 後半戦に入っても巨人は広島に勝てなかった。

 岐阜で行われた25日の試合で先発したマイコラスが七回まで無失点と好投。だが、八回に急造二塁手マギーのまずい打球処理が続き(いずれも安打)、これが失点につながった。

 高橋由伸監督は「(九回に1点取った?)もっと早く取らなくちゃいけないんだけど、そのまま終わるんじゃなくて、あそこまで持っていったのは良かった。ただ(敗戦という)結果は結果。広島とはロースコアになる? 後半戦になって接戦になっているので、そこで何とか勝ち切らないといけない」と言うしかなかった。

 6月に就任した鹿取新GMは球宴期間中に田畑投手コーチをスコアラーに配置転換した。もともとはスコアラー出身。情報分析に定評があるからだ。「広島戦は3勝11敗。そこが5割ならこうなっていない。広島専従として対策をしっかりやってもらう」と同GMは狙いを明かしていた。要するに、Bクラスに沈む元凶は、一方的にやられ続ける広島対策にあると断じたのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  9. 9

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  10. 10

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

もっと見る