• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

巨人また敗北…広島戦の勝率次第でコーチ陣のクビが飛ぶ

 後半戦に入っても巨人は広島に勝てなかった。

 岐阜で行われた25日の試合で先発したマイコラスが七回まで無失点と好投。だが、八回に急造二塁手マギーのまずい打球処理が続き(いずれも安打)、これが失点につながった。

 高橋由伸監督は「(九回に1点取った?)もっと早く取らなくちゃいけないんだけど、そのまま終わるんじゃなくて、あそこまで持っていったのは良かった。ただ(敗戦という)結果は結果。広島とはロースコアになる? 後半戦になって接戦になっているので、そこで何とか勝ち切らないといけない」と言うしかなかった。

 6月に就任した鹿取新GMは球宴期間中に田畑投手コーチをスコアラーに配置転換した。もともとはスコアラー出身。情報分析に定評があるからだ。「広島戦は3勝11敗。そこが5割ならこうなっていない。広島専従として対策をしっかりやってもらう」と同GMは狙いを明かしていた。要するに、Bクラスに沈む元凶は、一方的にやられ続ける広島対策にあると断じたのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  3. 3

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  4. 4

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  5. 5

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  6. 6

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  7. 7

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  8. 8

    恋愛に厳しいはずが…剛力彩芽を“黙認”するオスカーの打算

  9. 9

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  10. 10

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

もっと見る