巨人また敗北…広島戦の勝率次第でコーチ陣のクビが飛ぶ

公開日: 更新日:

 後半戦に入っても巨人広島に勝てなかった。

 岐阜で行われた25日の試合で先発したマイコラスが七回まで無失点と好投。だが、八回に急造二塁手マギーのまずい打球処理が続き(いずれも安打)、これが失点につながった。

 高橋由伸監督は「(九回に1点取った?)もっと早く取らなくちゃいけないんだけど、そのまま終わるんじゃなくて、あそこまで持っていったのは良かった。ただ(敗戦という)結果は結果。広島とはロースコアになる? 後半戦になって接戦になっているので、そこで何とか勝ち切らないといけない」と言うしかなかった。

 6月に就任した鹿取新GMは球宴期間中に田畑投手コーチをスコアラーに配置転換した。もともとはスコアラー出身。情報分析に定評があるからだ。「広島戦は3勝11敗。そこが5割ならこうなっていない。広島専従として対策をしっかりやってもらう」と同GMは狙いを明かしていた。要するに、Bクラスに沈む元凶は、一方的にやられ続ける広島対策にあると断じたのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  2. 2

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  3. 3

    「半沢直樹」新ステージは“vs東京乾電池”柄本明より注目は

  4. 4

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  5. 5

    安倍首相の体調不良説に拍車 高級ジム滞在「3時間半」の裏

  6. 6

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  7. 7

    コソコソ逃げる安倍首相は、なぜそんなに会見が嫌なのか?

  8. 8

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

  9. 9

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  10. 10

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

もっと見る