• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

本田のデビュー戦ゴールが日本代表にマイナス作用の根拠

 日本代表のハリルホジッチ監督は、一部解任報道に不機嫌になってみたり、愛弟子のゴールに拍手喝采を送ったり、アップダウンの激しい一日を過ごしたことだろう。 

 23日早朝。一部スポーツ紙・電子版が「31日の(W杯最終予選)オーストラリア戦引き分け以下で解任も」「(9月5日の)サウジアラビア戦は監督代行で乗り切ることも視野に」と報じた。

 日本メディアの記事をスタッフから聞いて「ほぼ把握している」(マスコミ関係者)ハリルホジッチが、解任報道にヘソを曲げたのは想像に難くない。

 ところが約5時間後、朗報が飛び込んできた。メキシコ1部パチューカ所属のFW本田圭佑(31)が、新天地デビューとなったベラクルス戦(23日午前9時開始)の後半途中、15メートルの強烈ミドルを決めたのである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事