本田のデビュー戦ゴールが日本代表にマイナス作用の根拠

公開日:  更新日:

 日本代表のハリルホジッチ監督は、一部解任報道に不機嫌になってみたり、愛弟子のゴールに拍手喝采を送ったり、アップダウンの激しい一日を過ごしたことだろう。 

 23日早朝。一部スポーツ紙・電子版が「31日の(W杯最終予選)オーストラリア戦引き分け以下で解任も」「(9月5日の)サウジアラビア戦は監督代行で乗り切ることも視野に」と報じた。

 日本メディアの記事をスタッフから聞いて「ほぼ把握している」(マスコミ関係者)ハリルホジッチが、解任報道にヘソを曲げたのは想像に難くない。

 ところが約5時間後、朗報が飛び込んできた。メキシコ1部パチューカ所属のFW本田圭佑(31)が、新天地デビューとなったベラクルス戦(23日午前9時開始)の後半途中、15メートルの強烈ミドルを決めたのである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  2. 2

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  3. 3

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

  10. 10

    “PC打てない”桜田大臣 ツイッターで大島優子フォローの謎

もっと見る