• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

PSG移籍ネイマール大儲け “広告塔”のギャラだけで20億円

 ブラジル代表FWネイマールを移籍金290億円で引き抜いたパリSGの金庫には一体、どれだけのカネがうなっているのだろうか? サッカー史上最高額の移籍金をバルセロナにポンと払ったと思ったら、アトレティコ・マドリードのスロベニア代表GKオブラクに「移籍金190億円でオファーを出している」とスペイン紙が報じているのである。

「底なしの資金力の出どころはカタール政府」とはあるサッカーライター。

「カタールの投資庁が後ろ盾に付いているカタール・スポーツ・インベストメント(QSI)が11年春、パリSGの筆頭株主に収まって、カタール政府が運営する強豪クラブとなった。国内リーグ優勝、欧州CL優勝という目標以外に『カタール政府の広告塔』と位置付けられ、その象徴的な存在がネイマールです」

 2020年にカタールでW杯が開催される。しかし、招致活動の際に賄賂が飛び交ったと批判され、6月にはサウジアラビア、UAE、バーレーン、エジプトが「テロ組織を支援している」という理由でカタールと断交した。このまま国際社会で孤立化が進むとW杯開催どころではなくなる。

「カタール政府は、スーパースターのネイマールを前面に押し出し、カタールのイメージアップに利用しようとしているのです」(前出のライター) ネイマールの新年俸は40億円。バルサ時代との差額は20億円だ。広告塔としてのギャラだけでウハウハ大もうけである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  5. 5

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  6. 6

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  7. 7

    主砲にも日本語でタメ口 エンゼルス大谷「英語力」の謎

  8. 8

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  9. 9

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  10. 10

    9月の過密日程より心配 阪神が抱える“ロサリオ・大山問題”

もっと見る