• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

36歳でポーランド移籍 松井大輔に欧州再挑戦の決意聞いた

 2004年のフランス2部(当時)ル・マン移籍を皮切りに、4カ国7クラブを渡り歩いた元日本代表MF松井大輔。ここ3年半はジュビロ磐田でプレーしたが、36歳になった今夏、欧州再挑戦に踏み切った。海外8クラブ目はポーランド2部オドラオポーレ。3部から昇格したばかりの新勢力だ。

 成田空港から新天地へと向かった松井を直撃した。

「(初海外の)ル・マンも2部からのスタート。磐田に帰ってきた時もJ2だった。今回もポーランド2部ですからね。初心に戻れるかな、と。今はワクワク感しかない」と松井は、実にすがすがしい表情でこう切り出した。

 30代での大陸間移籍はメキシコ・パチューカの日本代表MF本田圭佑(31)と同じ。10年南アフリカW杯で日本代表を16強に導いた盟友の決断は、自分自身と重なって映る。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  3. 3

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  8. 8

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  9. 9

    フジ主演ドラマ好発進も…山崎賢人に足りないアドリブの妙

  10. 10

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

もっと見る