猛追の反動で主力負担増…巨人はCS進出でもヘロヘロ状態

公開日: 更新日:

 巨人がクライマックスシリーズ(CS)圏内の3位へゲーム差なしに迫った。

 残り3試合。ゴール目前とはいえ、選手たちは疲労困憊だ。

 前日は中4日で登板したマイコラスが139球の熱投。菅野は中5日を3度続けている。田口と新人の畠を加えた先発4本柱は、ここにきて登板間隔を詰めることが増えており、負担が増している。

 救援陣もそうだ。勝利の方程式として「七回」を任されていた西村が、前日に右足の痛みを訴えて緊急降板し、翌27日に登録を抹消された。八回からのマシソン、カミネロも3、4連投するなど、毎日のようにマウンドに上がっている。セ・リーグ球団のスコアラーがこう言った。

「投手だけではありません。長野は足をかばいながら試合に出ているように見えます。太ももか、ふくらはぎか、あるいは何年か前に手術をした右ヒザなのか。走攻守の身のこなしが明らかにおかしいですから」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    かつて石原プロ解散を踏み止まらせた舘ひろしの男気発言

  2. 2

    ショーケンに渡哲也が激怒した“東映京都撮影所騒動”の顛末

  3. 3

    広島V逸なら緒方政権今季限り 次期監督候補に金本氏急浮上

  4. 4

    自民・萩生田氏「消費増税延期」発言に隠された姑息な狙い

  5. 5

    満身創痍も…渡哲也が貫く“男が惚れる晩節”と裕次郎イズム

  6. 6

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

  7. 7

    改革バカにケンカを売る山本太郎「れいわ新撰組」の本気度

  8. 8

    巨人は垂涎…竜新助っ人ロメロで証明された森SDの“慧眼”

  9. 9

    女優と歌手で本格復帰も…柴咲コウを縛る“三足目のワラジ”

  10. 10

    「美味しんぼ」原作者が鼻血問題の騒動後をブログで告発

もっと見る