猛追の反動で主力負担増…巨人はCS進出でもヘロヘロ状態

公開日:

 巨人がクライマックスシリーズ(CS)圏内の3位へゲーム差なしに迫った。

 残り3試合。ゴール目前とはいえ、選手たちは疲労困憊だ。

 前日は中4日で登板したマイコラスが139球の熱投。菅野は中5日を3度続けている。田口と新人の畠を加えた先発4本柱は、ここにきて登板間隔を詰めることが増えており、負担が増している。

 救援陣もそうだ。勝利の方程式として「七回」を任されていた西村が、前日に右足の痛みを訴えて緊急降板し、翌27日に登録を抹消された。八回からのマシソン、カミネロも3、4連投するなど、毎日のようにマウンドに上がっている。セ・リーグ球団のスコアラーがこう言った。

「投手だけではありません。長野は足をかばいながら試合に出ているように見えます。太ももか、ふくらはぎか、あるいは何年か前に手術をした右ヒザなのか。走攻守の身のこなしが明らかにおかしいですから」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  4. 4

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    2年契約満了で去就は 中日ビシエド水面下で“静かなる銭闘”

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る