猛追の反動で主力負担増…巨人はCS進出でもヘロヘロ状態

公開日:

 巨人がクライマックスシリーズ(CS)圏内の3位へゲーム差なしに迫った。

 残り3試合。ゴール目前とはいえ、選手たちは疲労困憊だ。

 前日は中4日で登板したマイコラスが139球の熱投。菅野は中5日を3度続けている。田口と新人の畠を加えた先発4本柱は、ここにきて登板間隔を詰めることが増えており、負担が増している。

 救援陣もそうだ。勝利の方程式として「七回」を任されていた西村が、前日に右足の痛みを訴えて緊急降板し、翌27日に登録を抹消された。八回からのマシソン、カミネロも3、4連投するなど、毎日のようにマウンドに上がっている。セ・リーグ球団のスコアラーがこう言った。

「投手だけではありません。長野は足をかばいながら試合に出ているように見えます。太ももか、ふくらはぎか、あるいは何年か前に手術をした右ヒザなのか。走攻守の身のこなしが明らかにおかしいですから」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  3. 3

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  4. 4

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  5. 5

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  6. 6

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  7. 7

    NHK紅白なのに“特別枠”ばかり 平成最後はご都合主義の極み

  8. 8

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    辺野古土砂投入…沖縄は人でなし首相と縁を切った方がいい

もっと見る