メジャー復帰もちらつく 巨人マイコ残留条件は年俸5億円

公開日: 更新日:

 視察に訪れるメジャー球団スカウトが、登板試合ごとに増えている。目当ては、今季で2年契約が切れる巨人3年目のマイルズ・マイコラス(29)だ。

 ここまで25試合に登板して13勝7敗、防御率2.11。リーグトップの176三振を奪っている。菅野と並ぶエース格だけに、残留交渉は巨人のオフの最重要事項となっているのだが、さる球界関係者がこう言った。

「単年契約が切れた2年前も同じような状況で、メジャー復帰をちらつかせるマイコラス側との交渉で足元を見られた球団は、年俸8400万円から約3倍増となる2億4000万円の2年契約で何とか流出を阻止した。現在、生まれたばかりの長女と来日している親日派の夫人は日本で芸能界デビューしているため、しばらくとどまってもいい考えがあるみたい。でも、肝心の本人はメジャー志向。古巣のレンジャーズあたりは2年前から追い続けているし、他の球団も最近は東京ドームだけじゃなく、ビジター球場にも熱心に駆け付けている。こんな背景があるから、巨人はマイコラスに、今の2億4000万円の倍増近い年俸5億円を最低ラインとした複数年契約を求められそうなのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    出演番組が不発…東山紀之が背負う“ジャニーズ幹部”の重圧

  2. 2

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  3. 3

    激化する自民党「内部抗争」田畑“ゲス”議員の離党で火に油

  4. 4

    NHK“ポスト有働”和久田アナ 民放とは一線画す華ある本格派

  5. 5

    長野の広島移籍はFA補強の犠牲というよりまさに“栄転”だ

  6. 6

    都Fが公明を突然裏切り…都議会与党ついに「分裂」の裏側

  7. 7

    統計不正の“単独犯”務まるか?中江元秘書官のポンコツ伝説

  8. 8

    特大弾含む大当たりでも…日ハム清宮への意外な酷評と課題

  9. 9

    「きっかけは私」島袋寛子が匂わせたSPEED解散“複雑理由”

  10. 10

    フジ宮司アナは“夜の女神”へ…トップクラスの美貌とMC技術

もっと見る