メジャー復帰もちらつく 巨人マイコ残留条件は年俸5億円

公開日:  更新日:

 視察に訪れるメジャー球団スカウトが、登板試合ごとに増えている。目当ては、今季で2年契約が切れる巨人3年目のマイルズ・マイコラス(29)だ。

 ここまで25試合に登板して13勝7敗、防御率2.11。リーグトップの176三振を奪っている。菅野と並ぶエース格だけに、残留交渉は巨人のオフの最重要事項となっているのだが、さる球界関係者がこう言った。

「単年契約が切れた2年前も同じような状況で、メジャー復帰をちらつかせるマイコラス側との交渉で足元を見られた球団は、年俸8400万円から約3倍増となる2億4000万円の2年契約で何とか流出を阻止した。現在、生まれたばかりの長女と来日している親日派の夫人は日本で芸能界デビューしているため、しばらくとどまってもいい考えがあるみたい。でも、肝心の本人はメジャー志向。古巣のレンジャーズあたりは2年前から追い続けているし、他の球団も最近は東京ドームだけじゃなく、ビジター球場にも熱心に駆け付けている。こんな背景があるから、巨人はマイコラスに、今の2億4000万円の倍増近い年俸5億円を最低ラインとした複数年契約を求められそうなのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る