• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

メジャー復帰もちらつく 巨人マイコ残留条件は年俸5億円

 視察に訪れるメジャー球団スカウトが、登板試合ごとに増えている。目当ては、今季で2年契約が切れる巨人3年目のマイルズ・マイコラス(29)だ。

 ここまで25試合に登板して13勝7敗、防御率2.11。リーグトップの176三振を奪っている。菅野と並ぶエース格だけに、残留交渉は巨人のオフの最重要事項となっているのだが、さる球界関係者がこう言った。

「単年契約が切れた2年前も同じような状況で、メジャー復帰をちらつかせるマイコラス側との交渉で足元を見られた球団は、年俸8400万円から約3倍増となる2億4000万円の2年契約で何とか流出を阻止した。現在、生まれたばかりの長女と来日している親日派の夫人は日本で芸能界デビューしているため、しばらくとどまってもいい考えがあるみたい。でも、肝心の本人はメジャー志向。古巣のレンジャーズあたりは2年前から追い続けているし、他の球団も最近は東京ドームだけじゃなく、ビジター球場にも熱心に駆け付けている。こんな背景があるから、巨人はマイコラスに、今の2億4000万円の倍増近い年俸5億円を最低ラインとした複数年契約を求められそうなのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  3. 3

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  4. 4

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  5. 5

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  6. 6

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  7. 7

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  8. 8

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  9. 9

    安倍3選確実といわれる総裁選で国民に問われていること

  10. 10

    ちばてつや氏「権力者にを堂々とものを言える国であって」

もっと見る