• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

巨人は無償でも“厄介払い” 山口俊めぐりオフ争奪戦勃発か

 日本プロ野球選手会は25日、巨人・山口俊(30)が都内の病院で警備員を負傷させ、出場停止や罰金、減俸などを科されたことに対し、処分見直しの交渉に応じるよう文書で巨人に申し入れたと発表した。

 選手会は総額1億円以上の罰金、減俸は重過ぎる上、契約解除をちらつかせて複数年契約の見直しに同意させたのは野球協約や独占禁止法に違反すると主張。8月下旬に見直しを要求したが、巨人から回答がないとして、選手会と交渉するよう求めている。

 一方の巨人は今月4日のプロ野球実行委員会で、処分は妥当で契約見直しも野球協約や法令に違反しないとの見解を示している。鹿取GMはこの日のヤクルトとの試合前に「まだ(文書を)読んでいないから分かりませんが、どうすればいいですかね?」と報道陣に逆質問。困惑した様子だった。

 選手会は山口俊の側に立ってはいるものの、当人としてはこれ以上騒がれるのは本意ではないという。選手会が山口俊の処分見直しを主張するほど、巨人がますます態度を硬化させることも気にしているようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  7. 7

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  8. 8

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  9. 9

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<番外編>

  10. 10

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

もっと見る