巨人は無償でも“厄介払い” 山口俊めぐりオフ争奪戦勃発か

公開日: 更新日:

 日本プロ野球選手会は25日、巨人・山口俊(30)が都内の病院で警備員を負傷させ、出場停止や罰金、減俸などを科されたことに対し、処分見直しの交渉に応じるよう文書で巨人に申し入れたと発表した。

 選手会は総額1億円以上の罰金、減俸は重過ぎる上、契約解除をちらつかせて複数年契約の見直しに同意させたのは野球協約や独占禁止法に違反すると主張。8月下旬に見直しを要求したが、巨人から回答がないとして、選手会と交渉するよう求めている。

 一方の巨人は今月4日のプロ野球実行委員会で、処分は妥当で契約見直しも野球協約や法令に違反しないとの見解を示している。鹿取GMはこの日のヤクルトとの試合前に「まだ(文書を)読んでいないから分かりませんが、どうすればいいですかね?」と報道陣に逆質問。困惑した様子だった。

 選手会は山口俊の側に立ってはいるものの、当人としてはこれ以上騒がれるのは本意ではないという。選手会が山口俊の処分見直しを主張するほど、巨人がますます態度を硬化させることも気にしているようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    エリカ様は張り込み班に「なに撮ってんだよばかやろう!」

  2. 2

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  3. 3

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  4. 4

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  5. 5

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

  6. 6

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

  7. 7

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  8. 8

    現実から目を背けるために過去を「いじくり廻してゐる」

  9. 9

    世界1位奪取にルノー日産が画策?自動車業界大再編の予兆

  10. 10

    京都に“愛の新居”報道…それでも鈴木京香が結婚しない理由

もっと見る