巨人も阪神も…早実清宮におもねるプロ球団の“大人の事情”

公開日:

「もしも、ドラフトで1位指名する球団の話を聞きたければ、自分たちからお願いして球団に出向くべきです。球団を自分らの都合で呼び出すというのなら筋違いですよ」

 こう言うのはプロ野球ファンの作家・吉川潮氏だ。

 去る22日、会見でプロ志望を表明した早実の清宮幸太郎内野手(3年)。いつしか清宮サイドが獲得を希望する球団と面談を行うという話が浮上し、ラグビーのヤマハ発動機で監督を務める父親の克幸氏が「タイミングが合えば」とプロ球団との話し合いに同席する意向を示した。

 それでもプロ側の“清宮フィーバー”はヒートアップする一方。清宮がプロ入りを表明したその30分後、阪神の四藤球団社長が真っ先にドラフト1位指名を公表。巨人も翌日にスポーツ報知が「1位指名で一本化する方針で動き出した」と報じた。ソフトバンクは早実の先輩である王貞治会長(77)が「欲しい」と1位指名を明言している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る