巨人も阪神も…早実清宮におもねるプロ球団の“大人の事情”

公開日: 更新日:

「もしも、ドラフトで1位指名する球団の話を聞きたければ、自分たちからお願いして球団に出向くべきです。球団を自分らの都合で呼び出すというのなら筋違いですよ」

 こう言うのはプロ野球ファンの作家・吉川潮氏だ。

 去る22日、会見でプロ志望を表明した早実の清宮幸太郎内野手(3年)。いつしか清宮サイドが獲得を希望する球団と面談を行うという話が浮上し、ラグビーのヤマハ発動機で監督を務める父親の克幸氏が「タイミングが合えば」とプロ球団との話し合いに同席する意向を示した。

 それでもプロ側の“清宮フィーバー”はヒートアップする一方。清宮がプロ入りを表明したその30分後、阪神の四藤球団社長が真っ先にドラフト1位指名を公表。巨人も翌日にスポーツ報知が「1位指名で一本化する方針で動き出した」と報じた。ソフトバンクは早実の先輩である王貞治会長(77)が「欲しい」と1位指名を明言している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    エリカ様は張り込み班に「なに撮ってんだよばかやろう!」

  2. 2

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  3. 3

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  4. 4

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  5. 5

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

  6. 6

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

  7. 7

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  8. 8

    現実から目を背けるために過去を「いじくり廻してゐる」

  9. 9

    世界1位奪取にルノー日産が画策?自動車業界大再編の予兆

  10. 10

    京都に“愛の新居”報道…それでも鈴木京香が結婚しない理由

もっと見る