巨人菅野17勝目 “沢村賞&MVP”両取りなら年俸は坂本超えも

公開日: 更新日:

 前回に続く中5日の登板も危なげなかった。巨人の菅野智之(27)が26日のヤクルト戦に先発。6回を98球2安打無失点で17勝目(5敗)を挙げた。「できれば、もうちょっと長い回を投げないといけなかった」と反省したが、これで自身5連勝。防御率はリーグ唯一の1点台となる1.59とぶっちぎりだ。

 6完投、4完封で投球回数は187回3分の1。投手部門のタイトルを総なめする勢いで、初の沢村賞をほぼ手中に収めている。

 さらに、ほとんどがリーグ優勝チームから選出されるMVP争いだ。広島の3番・丸が最有力候補だが、ここでも菅野が猛追しているらしい。さるテレビ局関係者がこう言う。

「普通ならリーグ5位の打率.309、安打数トップの丸で決まりだが、突出した数字ではない。1950年以降、セ・リーグで優勝チーム以外から選出されたのは、王さんの2回と60本塁打で記録を更新した2013年のバレンティンの計3回しかない。とはいえ、パは14年にチームが2位だったオリックスの金子が16勝5敗、防御率1.98と今の菅野と同じような成績で選ばれたケースがあります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    池袋を暴走し母娘の命を奪った元通産官僚「記念館」の真偽

  2. 2

    飯島直子は自分のアソコに水着の上からポラで割れ目を…

  3. 3

    安倍政権GW外遊ラッシュ 13閣僚“海外旅行”に血税5億の衝撃

  4. 4

    応援演説にブーイング 杉田水脈議員が「自ら招いた危険」

  5. 5

    吉高「定時で」も視聴率上昇 TBS火曜22時ドラマに“仕掛け”

  6. 6

    立憲民主“三重苦”で…野党結集へ態度一変した枝野氏の焦り

  7. 7

    宇多田ヒカル 時代問わない別次元の才能と“人間活動”で…

  8. 8

    GW歴史的10連休でどうなる 身の回りで気になる8つの疑問

  9. 9

    まだ“愛の巣”で生活か? ZOZO前澤社長&剛力彩芽の近況

  10. 10

    プーチンに3000億円も献上し物事が後退してしまうって…

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る