賞金100万円はマレーロ ベイ筒香10分遅かった“100001号”

公開日: 更新日:

 29日、「プロ野球通算10万号」が飛び出した。大台まであと4本で迎えたこの日、NPBからの賞金100万円を巡って各地でわれ先にと本塁打攻勢。

 楽天のアマダー(30)、オリックスのT―岡田(29)、DeNAの戸柱(27)が一発を打つ中、メモリアルアーチを放ったのは、オリックスのマレーロ(29)だった。そのわずか10分後にDeNAの筒香(25)が「10万1号」となる26号2ランを右翼スタンドへ。わずかの差で賞金100万円を逃す形となった。この日は6月28日以来となる「4番」に復帰、残りの4試合も4番が決まった。

 試合後、10万号について「僕が生まれる前から偉大な先輩方がつくってきた数字」と語った筒香はこう続けた。

「(10万号に間に合わなかったことは)あんまりどうでもいいと言ったらアレですけど、そんなことは意識してやっていないですし、僕のホームランどうこうというよりも、ホームで残り全試合できることが良かったなと。ファンの方の声援は力になるので」

 どこまでもクールな主砲である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    かつて石原プロ解散を踏み止まらせた舘ひろしの男気発言

  2. 2

    ショーケンに渡哲也が激怒した“東映京都撮影所騒動”の顛末

  3. 3

    広島V逸なら緒方政権今季限り 次期監督候補に金本氏急浮上

  4. 4

    自民・萩生田氏「消費増税延期」発言に隠された姑息な狙い

  5. 5

    満身創痍も…渡哲也が貫く“男が惚れる晩節”と裕次郎イズム

  6. 6

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

  7. 7

    改革バカにケンカを売る山本太郎「れいわ新撰組」の本気度

  8. 8

    巨人は垂涎…竜新助っ人ロメロで証明された森SDの“慧眼”

  9. 9

    女優と歌手で本格復帰も…柴咲コウを縛る“三足目のワラジ”

  10. 10

    「美味しんぼ」原作者が鼻血問題の騒動後をブログで告発

もっと見る