賞金100万円はマレーロ ベイ筒香10分遅かった“100001号”

公開日:  更新日:

 29日、「プロ野球通算10万号」が飛び出した。大台まであと4本で迎えたこの日、NPBからの賞金100万円を巡って各地でわれ先にと本塁打攻勢。

 楽天のアマダー(30)、オリックスのT―岡田(29)、DeNAの戸柱(27)が一発を打つ中、メモリアルアーチを放ったのは、オリックスのマレーロ(29)だった。そのわずか10分後にDeNAの筒香(25)が「10万1号」となる26号2ランを右翼スタンドへ。わずかの差で賞金100万円を逃す形となった。この日は6月28日以来となる「4番」に復帰、残りの4試合も4番が決まった。

 試合後、10万号について「僕が生まれる前から偉大な先輩方がつくってきた数字」と語った筒香はこう続けた。

「(10万号に間に合わなかったことは)あんまりどうでもいいと言ったらアレですけど、そんなことは意識してやっていないですし、僕のホームランどうこうというよりも、ホームで残り全試合できることが良かったなと。ファンの方の声援は力になるので」

 どこまでもクールな主砲である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  3. 3

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  4. 4

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  5. 5

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  6. 6

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  7. 7

    NHK紅白なのに“特別枠”ばかり 平成最後はご都合主義の極み

  8. 8

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    辺野古土砂投入…沖縄は人でなし首相と縁を切った方がいい

もっと見る