賞金100万円はマレーロ ベイ筒香10分遅かった“100001号”

公開日: 更新日:

 29日、「プロ野球通算10万号」が飛び出した。大台まであと4本で迎えたこの日、NPBからの賞金100万円を巡って各地でわれ先にと本塁打攻勢。

 楽天のアマダー(30)、オリックスのT―岡田(29)、DeNAの戸柱(27)が一発を打つ中、メモリアルアーチを放ったのは、オリックスのマレーロ(29)だった。そのわずか10分後にDeNAの筒香(25)が「10万1号」となる26号2ランを右翼スタンドへ。わずかの差で賞金100万円を逃す形となった。この日は6月28日以来となる「4番」に復帰、残りの4試合も4番が決まった。

 試合後、10万号について「僕が生まれる前から偉大な先輩方がつくってきた数字」と語った筒香はこう続けた。

「(10万号に間に合わなかったことは)あんまりどうでもいいと言ったらアレですけど、そんなことは意識してやっていないですし、僕のホームランどうこうというよりも、ホームで残り全試合できることが良かったなと。ファンの方の声援は力になるので」

 どこまでもクールな主砲である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  2. 2

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  3. 3

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  4. 4

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  5. 5

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  6. 6

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

  7. 7

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  8. 8

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  9. 9

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

  10. 10

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

もっと見る