本塁踏み忘れ“幻の一発”に…オリ新外国人マレーロの正体

公開日: 更新日:

 一発を放ちながらホームベースを踏み忘れるポカをやったのがオリックスの新外国人クリス・マレーロ(28)だ。

 1日に入団発表を行って、9日に一軍昇格。同日の中日戦にスタメン出場したマレーロは、1点を追う五回無死一塁から左中間席へ特大の一発を放った。デビュー戦での一発に喜色満面でベースを一周したものの、つい浮かれ過ぎたか、ホームベースをまたぐようにして通過した。

 中日のアピールによって現場を見ていた一塁塁審がアウトを宣告。記録は三塁打となり、一塁走者の生還だけが認められた。すでにベンチに戻っていたマレーロは、さすがにバツが悪そうな表情だった。

 このマレーロ、06年のドラフト1巡目指名でナショナルズに入団。今季はジャイアンツの開幕ロースター25人に名を連ね、15試合に出場して打率・132、1本塁打、5打点。いとこのデベン(26)も12年のドラフト1巡目指名でレッドソックスに入団しており、素質というか持っているものはおそらく一級品。

 この日のデビュー戦でも実力の片鱗は見せたが、抜けているところがあるのは間違いなさそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  2. 2

    稲見萌寧の発言は残念…プロは機会があれば海外挑戦すべき

  3. 3

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

  4. 4

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  5. 5

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

  6. 6

    ぼったくり男爵より危うい 五輪開催に暴走する政府の狙い

  7. 7

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  8. 8

    「第二の松山」発掘は困難 日本ゴルフ界が抱える3つの課題

  9. 9

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  10. 10

    維新梅村議員に文通費流用疑惑 公設秘書は殺人未遂で逮捕

もっと見る