DeNAが虎猛追でセ2位視野 ラミ監督去就の“雑音”封印奏功

公開日:

 ひょっとしたら、と考えたくもなる。

 CS争いをする3位DeNAは昨25日、2位阪神に連勝し、3.5ゲーム差に詰め寄った。

 シーズン最終盤にきて勢いが増している。この日の勝利で4連勝。2年連続Aクラス入りに一歩前進した。対する阪神はここにきて、2試合連続完封負けと元気がない。

「阪神は掛布二軍監督、今岡二軍コーチの退団が判明するなど、チームに秋風が吹き始めている。毎年9月になると失速する傾向があるのは、人事などグラウンド外が騒がしくなるのと無縁ではない。こうなると選手も首脳陣も、『次はダレが監督をやるの? コーチをやるの?』と野球どころではなくなってくるのです」(球界OB)

■狙いは現場の緊張感維持

 一方のDeNAも今季で2年契約が満了するラミレス監督の去就問題を抱えている。しかし、南場オーナーは去る13日、続投か否かについて「順位が確定したタイミングで伝える。(判断基準は)順位だけではない」と話して、結論を急ぐ報道陣にクギを刺した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  4. 4

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  5. 5

    巨額税収減に負け惜しみ連発…小池知事がさらけ出した無能

  6. 6

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  7. 7

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  8. 8

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

  9. 9

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  10. 10

    雄星メジャー“最後の壁” 球団ドクター難癖で買い叩き懸念

もっと見る