CS進出は決定も…阪神に“収入か対戦相手か”のジレンマ

公開日: 更新日:

 28日のDeNA戦に大勝し、CS進出を決定させた阪神。とはいえ、金本監督は素直に喜べるかどうか。

 セは3位DeNAと4位巨人が、激しい順位争いを繰り広げている。この日は巨人戦がなかったため、0・5ゲームあった両球団の差はゼロに。DeNAが勝率でわずか1厘上回っているだけとなってしまった。

 阪神は今季、DeNAに14勝9敗1分けと勝ち越しているが、巨人戦は8勝13敗2分け。菅野という絶対的エースもおり、短期決戦では1敗を織り込む必要も出てくるだろう。

 かといって、この日、DeNAに負けていた方が良かったかといえば、それもそれで複雑だ。仮に2位の阪神が負けていれば、DeNAとは2.5ゲーム差。今後の展開次第では3位転落も考えられる際どい数字だ。そうなると地元でのCSファーストステージ開催はパー。甲子園なら1試合2億円とも3億円ともいわれる収入も、すべて水の泡になる。

 残り試合すべて勝つ自信があれば、余計な心配をしなくて済むのだが、今の阪神にそれだけの力があるとは思えない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    飯島直子は自分のアソコに水着の上からポラで割れ目を…

  2. 2

    池袋を暴走し母娘の命を奪った元通産官僚「記念館」の真偽

  3. 3

    安倍政権GW外遊ラッシュ 13閣僚“海外旅行”に血税5億の衝撃

  4. 4

    応援演説にブーイング 杉田水脈議員が「自ら招いた危険」

  5. 5

    吉高「定時で」も視聴率上昇 TBS火曜22時ドラマに“仕掛け”

  6. 6

    立憲民主“三重苦”で…野党結集へ態度一変した枝野氏の焦り

  7. 7

    写真誌に泥酔姿撮られた…米津玄師の「知られざる私生活」

  8. 8

    GW歴史的10連休でどうなる 身の回りで気になる8つの疑問

  9. 9

    宇多田ヒカル 時代問わない別次元の才能と“人間活動”で…

  10. 10

    まだ“愛の巣”で生活か? ZOZO前澤社長&剛力彩芽の近況

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る