Bクラス脱出も…DeNA「万年3位」なら投手陣の寿命が縮む

公開日:  更新日:

 巨人と3位を争うDeNA。19日、巨人が中日に負けて単独3位に浮上したが、巨人との直接対決がないため、自力でのCS進出は消滅している。

 昨季、ラミレス監督は就任1年目で11年ぶりのAクラス(3位)と初のCS進出を実現。しかもファーストステージで巨人を撃破し、10年連続Bクラスだったお荷物球団の印象をガラリと変えた。今季は昨季に続く3位が「最低ライン」と位置付けていた。しかし、投手力の弱いチームにとっての3位争いは、選手の寿命を縮める危険性がある。

 DeNAは先発陣の中で10勝投手は今永ただ1人。3完投しているものの、1試合平均投球回数は6.3回にとどまっている。チームで最も投球回の多い井納も1試合平均6.47回。先発としては「最低限」の仕事しかできていない。

 その分、負担が増えるのが中継ぎ陣だ。今季は砂田(58試合)、パットン(57)、三上(57)、田中(56)などがフル回転。3年連続30セーブ目前の山崎康も、ここまで63試合に登板し、自身の最多登板数を更新中。3位争いのデッドヒートは、ファンにとっては見応えがあっても、「目の前の1戦1戦」に集中しなければならない投手陣にとってはたまらない。これが、最下位が決まっている今季のヤクルトのようなチームであれば、若手の育成や経験重視で中継ぎを酷使する必要もない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  9. 9

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る