体操新技命名ラッシュ 杉原愛子は「スギハラ」連発に期待

公開日:  更新日:

 体操の世界選手権は4日(日本時間5日)、女子の予選が行われ、日本勢は個人総合で村上茉愛(21)が4種目合計55.933点で首位通過。杉原愛子(18)は同53.265点の9位で6日の決勝進出を決めた。

 今大会の日本勢は男女とも新技が認定される可能性があり、女子では杉原が平均台の「足持ち2回ターン」(E難度)を成功させれば「スギハラ」と命名される。

 杉原は昨夏のリオ五輪団体メンバーの一員として48年ぶりの4位入賞に貢献。今春の全日本個人総合選手権、NHK杯とも2位に終わったが、優勝した村上と並ぶ女子のエース格だ。

 体操では世界選手権などの主要国際大会で初めて成功させた選手名が技の名前として認定される。今後も女子体操界では「スギハラ」と名が付いた新技が席巻しそうだ。

 今大会は実施を見送るものの、国際体操連盟(FIG)からは同じ平均台の別の新技も「スギハラ2」(E難度)として命名の候補にされている。命名は次回以降の国際大会に持ち越しとなったが、杉原の名前の付く新技は平均台だけにとどまりそうにない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  3. 3

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  4. 4

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  7. 7

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  10. 10

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

もっと見る