体操新技命名ラッシュ 杉原愛子は「スギハラ」連発に期待

公開日:  更新日:

 体操の世界選手権は4日(日本時間5日)、女子の予選が行われ、日本勢は個人総合で村上茉愛(21)が4種目合計55.933点で首位通過。杉原愛子(18)は同53.265点の9位で6日の決勝進出を決めた。

 今大会の日本勢は男女とも新技が認定される可能性があり、女子では杉原が平均台の「足持ち2回ターン」(E難度)を成功させれば「スギハラ」と命名される。

 杉原は昨夏のリオ五輪団体メンバーの一員として48年ぶりの4位入賞に貢献。今春の全日本個人総合選手権、NHK杯とも2位に終わったが、優勝した村上と並ぶ女子のエース格だ。

 体操では世界選手権などの主要国際大会で初めて成功させた選手名が技の名前として認定される。今後も女子体操界では「スギハラ」と名が付いた新技が席巻しそうだ。

 今大会は実施を見送るものの、国際体操連盟(FIG)からは同じ平均台の別の新技も「スギハラ2」(E難度)として命名の候補にされている。命名は次回以降の国際大会に持ち越しとなったが、杉原の名前の付く新技は平均台だけにとどまりそうにない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  8. 8

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る