体操新技命名ラッシュ 杉原愛子は「スギハラ」連発に期待

公開日: 更新日:

 体操の世界選手権は4日(日本時間5日)、女子の予選が行われ、日本勢は個人総合で村上茉愛(21)が4種目合計55.933点で首位通過。杉原愛子(18)は同53.265点の9位で6日の決勝進出を決めた。

 今大会の日本勢は男女とも新技が認定される可能性があり、女子では杉原が平均台の「足持ち2回ターン」(E難度)を成功させれば「スギハラ」と命名される。

 杉原は昨夏のリオ五輪団体メンバーの一員として48年ぶりの4位入賞に貢献。今春の全日本個人総合選手権、NHK杯とも2位に終わったが、優勝した村上と並ぶ女子のエース格だ。

 体操では世界選手権などの主要国際大会で初めて成功させた選手名が技の名前として認定される。今後も女子体操界では「スギハラ」と名が付いた新技が席巻しそうだ。

 今大会は実施を見送るものの、国際体操連盟(FIG)からは同じ平均台の別の新技も「スギハラ2」(E難度)として命名の候補にされている。命名は次回以降の国際大会に持ち越しとなったが、杉原の名前の付く新技は平均台だけにとどまりそうにない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    池袋を暴走し母娘の命を奪った元通産官僚「記念館」の真偽

  2. 2

    飯島直子は自分のアソコに水着の上からポラで割れ目を…

  3. 3

    安倍政権GW外遊ラッシュ 13閣僚“海外旅行”に血税5億の衝撃

  4. 4

    応援演説にブーイング 杉田水脈議員が「自ら招いた危険」

  5. 5

    吉高「定時で」も視聴率上昇 TBS火曜22時ドラマに“仕掛け”

  6. 6

    立憲民主“三重苦”で…野党結集へ態度一変した枝野氏の焦り

  7. 7

    宇多田ヒカル 時代問わない別次元の才能と“人間活動”で…

  8. 8

    GW歴史的10連休でどうなる 身の回りで気になる8つの疑問

  9. 9

    まだ“愛の巣”で生活か? ZOZO前澤社長&剛力彩芽の近況

  10. 10

    プーチンに3000億円も献上し物事が後退してしまうって…

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る