囁かれる限界説…内村航平はスペシャリストで東京五輪へ

公開日:

 絶対王者が思わぬアクシデントで連覇が途絶えた。

 2日(日本時間3日)に開幕した体操の世界選手権(カナダ・モントリオール)男子予選で、内村航平(28)が跳馬の着地で左足首を痛めて途中棄権。世界選手権7連覇を逃し、国内外の大会での連勝記録も「40」で途切れた。

 一夜明けた3日に現地の病院で精密検査を受け「左足の前距腓靱帯不全断裂で全治2~3週間」と診断された。前日の試合後に内村は「ケガをすることはまだ下手。伸びしろはあると思うので、これをしっかり治してはい上がってやろうと思う」と再起を口にしたが、年齢的には体操選手としてのピークは過ぎている。

■体力の衰えは安定感でカバー

 今回のケガで体操関係者の間では肉体の衰えを指摘する声もある。故障の回復次第では引退しても不思議ではない。しかし、周囲がそれを許さないだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  8. 8

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

もっと見る