• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ミスに慌てず 新体操団体42年ぶり快挙に主役級“女優力”

 新体操の世界選手権(イタリア・ペサロ)の団体総合で42年ぶりにメダル(銅)を獲得したフェアリージャパンが5日、凱旋帰国。今大会は団体種目別のロープ・ボール(銀)、団体と個人のフープ(銅)と合わせ、史上最多のメダル4個と躍進し、主将の杉本早裕吏(21)は「強豪国に負けないように、東京五輪に向かって行きたい」と気を引き締めるように話した。

 山崎浩子強化本部長によれば、今大会は海外勢と比べて演技の難度は低かったが、大会前の下馬評でメダル取りが有力視された地元イタリア、ウクライナ、ベラルーシなどがミスを連発。日本の安定した試技が審判団の高評価につながった。

 ライバル勢の自滅があったとはいえ、実は日本も細かいミスは少なくなかった。それでも評価を得たのは「チーム力の差が表れた」(山崎本部長)という。

 ボールやリボンを投げる際にコントロールできず、狙った相手に届かずに落下させて減点されるのは珍しくない。受け手は減点を避けるため、走ったり、体勢を崩してでも取りに行くが、移動したとみなされ、これも大幅に点を引かれる。今大会の日本はミスが出ても一連の動作であるかのように振る舞ったそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  2. 2

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  3. 3

    キムタク低迷と次女デビューで…動き出した工藤静香の狙い

  4. 4

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  5. 5

    竹内涼真vs手越祐也 明暗分かれたサッカーW杯キャスター評

  6. 6

    フジの中居MC計画潰した 「徹子の部屋」は元の放送時間へ

  7. 7

    強豪私学が相次ぎ予選敗退…公立高校が全国で“逆襲”のワケ

  8. 8

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  9. 9

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  10. 10

    最近目立つ暴力事件より高校野球で根深いのは“たばこ問題”

もっと見る