• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ミスに慌てず 新体操団体42年ぶり快挙に主役級“女優力”

 新体操の世界選手権(イタリア・ペサロ)の団体総合で42年ぶりにメダル(銅)を獲得したフェアリージャパンが5日、凱旋帰国。今大会は団体種目別のロープ・ボール(銀)、団体と個人のフープ(銅)と合わせ、史上最多のメダル4個と躍進し、主将の杉本早裕吏(21)は「強豪国に負けないように、東京五輪に向かって行きたい」と気を引き締めるように話した。

 山崎浩子強化本部長によれば、今大会は海外勢と比べて演技の難度は低かったが、大会前の下馬評でメダル取りが有力視された地元イタリア、ウクライナ、ベラルーシなどがミスを連発。日本の安定した試技が審判団の高評価につながった。

 ライバル勢の自滅があったとはいえ、実は日本も細かいミスは少なくなかった。それでも評価を得たのは「チーム力の差が表れた」(山崎本部長)という。

 ボールやリボンを投げる際にコントロールできず、狙った相手に届かずに落下させて減点されるのは珍しくない。受け手は減点を避けるため、走ったり、体勢を崩してでも取りに行くが、移動したとみなされ、これも大幅に点を引かれる。今大会の日本はミスが出ても一連の動作であるかのように振る舞ったそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  2. 2

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  3. 3

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  4. 4

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  5. 5

    “塚原派”にも追い込まれ…コーチ不在の宮川紗江に引退危機

  6. 6

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  7. 7

    右肘手術をさせたいエ軍と避けたい大谷翔平…暗闘の全内幕

  8. 8

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

  9. 9

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  10. 10

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

もっと見る