内村航平が予選で負傷し棄権…世界体操個人7連覇ならず

公開日: 更新日:

 絶対王者が勝負を前に故障に屈した。

 体操の世界選手権(カナダ・モントリオール)が2日(日本時間3日)に開幕。初日のこの日は男子予選が行われ、個人総合7連覇が懸かっていた内村航平(28)が3種目を終えたところで足のケガのため棄権した。

 白井健三ら他の日本勢と共に予選3班で演技を開始した内村。1種目目のつり輪で14.000点をマークし、まずまずのスタートを切ったが、2種目目の跳馬の着地の際に足を負傷。3種目目の平行棒は実施したが、演技後に競技続行を断念した。

 個人総合連覇を達成したリオ五輪後にプロに転向。年齢的な体力の衰え、度重なる故障もあり、今季は代表入りを不安視されながら、4月の全日本選手権、5月のNHK杯を制して、国内では実力の違いを見せつけた。

 その一方で、体操関係者の間では「限界説」もささやかれていたのも事実。20年東京五輪ではエースとして個人、団体の連覇を期待されるが、今回の足の故障は選手生命を左右しかねない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  4. 4

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  5. 5

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  6. 6

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

  7. 7

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  8. 8

    洪水に襲われた農地に小型冷蔵庫!その中身に全米ホッコリ

  9. 9

    永野芽郁と本田翼が急伸 2019年"CM女王争い"に異変の兆し

  10. 10

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

もっと見る