内村の顔、白井の名前も通じない体操“自動採点システム”

公開日: 更新日:

 体操の新たな採点方法がスポーツ界の注目を集めている。

 国際体操連盟(FIG)が20年東京五輪での採用を目指す自動採点システムのことだ。これは日本企業と日本体操協会が共同で研究を行っており、3Dレーザーセンサーを使って選手の動きを捉え、取得したデータを基に各種目の判定に必要な数値を導き出して審判の採点をサポートするもの。来年以降、試験的に導入するという。

 19日(日本時間20日)には来年1月にFIG新会長に就任する日本体操協会の渡辺守成専務理事がスイス・ローザンヌでIOC(国際オリンピック委員会)のトーマス・バッハ会長と会談。渡辺新会長によると同会長は自動採点システムに「スポーツ界が大きく変わるきっかけになるだろう」と期待を寄せたという。

 IOCでは大会の公平性を保つ目的で、人間の目だけでなく、各競技にビデオ判定などの導入を促している。不可解な判定を減らし、誤審や八百長を防ぐためだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

  2. 2

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  3. 3

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  4. 4

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  5. 5

    ローン嫌いは意外に多い 現金主義のメリットと得するコツ

  6. 6

    銀行口座は3つを使い分け 7年で1000万円貯めた主婦の凄腕

  7. 7

    3月の侍J入りも辞退 巨人に“丸効果”ジワリで指揮官も賛辞

  8. 8

    常盤貴子「グッドワイフ」も評判 “ネオ美熟女”はなぜ人気

  9. 9

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  10. 10

    菅田将暉「3年A組」好調の深い意味…日テレの新看板枠に

もっと見る