卓球王国・中国に恐れなし “日本締め出し”騒動の的外れ

公開日: 更新日:

「分かっていたことだし、ちょっとばかり時期が早くなっただけのこと」

 ある卓球関係者がこう言ったのは、世界最高峰の中国スーパーリーグに日本選手が参戦できなくなったことについてだ。

 中国は同リーグにすべての外国人選手を出場させない方針を固めたが、最大の理由は五輪でメダルを争う日本選手の締め出しとみられている。

 昨年同リーグに参戦した平野美宇(17)が急激に力をつけ、4月のアジア選手権の女子シングルスで、リオ五輪金メダルの丁寧(世界ランク1位)、朱雨玲(2位=当時)、陳夢(5位=同)を次々に撃破。優勝をさらわれたことが大きいといわれている。

 マスコミは、「日本潰し」と大騒ぎだが、東京五輪の開幕まで3年を切った。メダルを争うライバルの強化に、わざわざ中国が手を貸す必要などないのは当然のことである。前出の関係者が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ハイエナたちにしゃぶられた…“今太閤”羽柴秀吉さんの悲劇

  2. 2

    怠慢の安倍政権…中韓と新型肺炎対策“本気度”の差浮き彫り

  3. 3

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  4. 4

    議員に立候補するなら資格審査の国家試験を受けさせよ

  5. 5

    検察官の定年延長は違法で違憲 法治国家否定の首相の暴論

  6. 6

    新型コロナ予防の盲点を医師解説 対策は手洗い以外も必要

  7. 7

    ソフトB復帰の城島氏 “権限なし長い肩書”はイチローが参考

  8. 8

    2.20が新型肺炎パンデミック節目 最大8200万人感染の恐怖

  9. 9

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  10. 10

    ソフトB城島氏を直撃 けむに巻いた古巣復帰を決めた理由

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る