卓球王国・中国に恐れなし “日本締め出し”騒動の的外れ

公開日: 更新日:

「分かっていたことだし、ちょっとばかり時期が早くなっただけのこと」

 ある卓球関係者がこう言ったのは、世界最高峰の中国スーパーリーグに日本選手が参戦できなくなったことについてだ。

 中国は同リーグにすべての外国人選手を出場させない方針を固めたが、最大の理由は五輪でメダルを争う日本選手の締め出しとみられている。

 昨年同リーグに参戦した平野美宇(17)が急激に力をつけ、4月のアジア選手権の女子シングルスで、リオ五輪金メダルの丁寧(世界ランク1位)、朱雨玲(2位=当時)、陳夢(5位=同)を次々に撃破。優勝をさらわれたことが大きいといわれている。

 マスコミは、「日本潰し」と大騒ぎだが、東京五輪の開幕まで3年を切った。メダルを争うライバルの強化に、わざわざ中国が手を貸す必要などないのは当然のことである。前出の関係者が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  2. 2

    稲見萌寧の発言は残念…プロは機会があれば海外挑戦すべき

  3. 3

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

  4. 4

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  5. 5

    ぼったくり男爵より危うい 五輪開催に暴走する政府の狙い

  6. 6

    「第二の松山」発掘は困難 日本ゴルフ界が抱える3つの課題

  7. 7

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  8. 8

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

  9. 9

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  10. 10

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

もっと見る