世界ツアーは中国の独壇場 卓球日本選手の稼ぎはいくら?

公開日: 更新日:

 卓球の世界選手権(ドイツ)が終わって、半月が過ぎた。ワールドツアー(WT)の最高峰で賞金とポイントが高い「プラチナイベント」(賞金総額12万ドル以上=6大会)は2月のカタール・オープン(OP)からスタートし、今週の中国OPで3大会目。今大会と先週のジャパンOPのシングルスの優勝賞金は日本円にして約260万~275万円。年間ポイント上位者だけが出場できる12月のグランドファイナル(GF)のシングルス優勝者は6万ドル(約660万円)の賞金を手にできる。

 ここまでプラチナ2大会の優勝は、やはりシングルスは男女とも中国選手が独占。WTで日本選手が優勝争いできるのは中国選手が欠場している大会がほとんどだ。

 年間ポイント上位者(男女シングルス各16人、ダブルス各8組)が出場するGFも中国選手の独壇場だ。過去21大会で男子優勝16回、女子18回。14年大会は日本勢が大健闘し、男女シングルスは水谷隼(28)と石川佳純(24)が優勝。女子ダブルスも平野美宇(17)、伊藤美誠(16)が勝った。しかし、この年は中国選手は欠場しており、昨年のワールドカップ女子シングルスで平野美宇が大会最年少優勝と同時に中国選手以外では初のタイトルを獲得した時も王国の選手は不在だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

  2. 2

    相場低迷でウマ味 三菱UFJの配当金は普通預金利息の5000倍

  3. 3

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  4. 4

    ロンブー淳が明かす「山本太郎に口説かれたこともある」

  5. 5

    韓国が切り札で反撃 安倍首相の嘘が招いた“東京五輪潰し”

  6. 6

    令和元年も渦巻く欲望…夏の甲子園“ネット裏怪情報”

  7. 7

    元ワンギャル須之内美帆子さんがマレーシアに移住したワケ

  8. 8

    加藤浩次「スッキリ」3月に自主降板か MC後任に山里亮太説

  9. 9

    文春砲で改名を余儀なくされた元・羽生ゆずれないさんは今

  10. 10

    タレント松尾伴内さんの念願はNY生活 28歳の頃からの憧れ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る