メダルラッシュの世界卓球で露見した高すぎる“中国の壁”

公開日: 更新日:

 壁はブ厚かった。

 5日、世界卓球の女子ダブルス準決勝に登場した伊藤美誠(16)、早田ひな(16)。中国ペアに3セットを連取された後、1セットをもぎ取るのが精いっぱい。超高速ラリーに力負けし、16歳ペアは銅メダルに終わった。

 それでも日本にとってこの種目は16年ぶりのメダルとあって、メディアは大騒ぎ。女子シングルス(平野美宇)の銅、男子ダブルス(森薗政崇、大島祐哉)の銀、混合ダブルス(吉村真晴、石川佳純)の金は、いずれも同種目48年ぶりの快挙だと大々的に報じた。

 しかし、ここで見逃してはいけないのは、一度も「中国の壁」を越えていないということだ。男子シングルス準々決勝で13歳の張本智和が負けた相手は中国の許キン(27=世界ランキング3位)。同じく準々決勝で丹羽孝希が負けた相手も中国の樊振東(20=同2位)。男子ダブルス決勝で日本ペアの前に立ちはだかったのもこの2人だった。女子シングルスも、石川が準々決勝で敗れたのも、平野が準決勝で負けたのも中国の丁寧(26=同1位)。今回のダブルスも丁寧と劉詩雯(26=2位)のペアだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「一軒家」逆転で…「イッテQ!」に意外なリストラ候補が

  2. 2

    大混戦必至の参院東京選挙区 有力美人候補4人は全員当選か

  3. 3

    新天皇にもやるのか トランプ“ポンポン握手”に外務省恐々

  4. 4

    理由は子どもだけか 磯野貴理子“2度目離婚”芸能記者の見方

  5. 5

    海外メディア酷評 豊洲市場に外国人観光客が早くもソッポ

  6. 6

    国分太一「ビビット」降板…TOKIOに囁かれる“空中分解説”

  7. 7

    磯野貴理子は女神か都合のいい女か…男女問題研究家の見解

  8. 8

    「嫌いな女」10位に広瀬すず “炎上発言”とゴリ押しアダか

  9. 9

    いまさら聞けない年金受給 59歳から始める満額もらう準備

  10. 10

    白血病新薬にケチ…命を費用対効果で語る麻生氏に批判殺到

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る