メダルラッシュの世界卓球で露見した高すぎる“中国の壁”

公開日: 更新日:

 壁はブ厚かった。

 5日、世界卓球の女子ダブルス準決勝に登場した伊藤美誠(16)、早田ひな(16)。中国ペアに3セットを連取された後、1セットをもぎ取るのが精いっぱい。超高速ラリーに力負けし、16歳ペアは銅メダルに終わった。

 それでも日本にとってこの種目は16年ぶりのメダルとあって、メディアは大騒ぎ。女子シングルス(平野美宇)の銅、男子ダブルス(森薗政崇、大島祐哉)の銀、混合ダブルス(吉村真晴、石川佳純)の金は、いずれも同種目48年ぶりの快挙だと大々的に報じた。

 しかし、ここで見逃してはいけないのは、一度も「中国の壁」を越えていないということだ。男子シングルス準々決勝で13歳の張本智和が負けた相手は中国の許キン(27=世界ランキング3位)。同じく準々決勝で丹羽孝希が負けた相手も中国の樊振東(20=同2位)。男子ダブルス決勝で日本ペアの前に立ちはだかったのもこの2人だった。女子シングルスも、石川が準々決勝で敗れたのも、平野が準決勝で負けたのも中国の丁寧(26=同1位)。今回のダブルスも丁寧と劉詩雯(26=2位)のペアだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  2. 2

    自民が9月入学で造反 党内に漂う“裸の王様”安倍離れの空気

  3. 3

    ぺこぱで話題“ノリツッコまない”漫才の元祖はダウンタウン

  4. 4

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  5. 5

    手越祐也に退所報道 “NEWSセンター”山下智久との明と暗

  6. 6

    安倍政権がなにかやるとき…良い子のみんなはわかってる!

  7. 7

    ネット規制の狙いミエミエ 安倍政権が露骨なSNSデモ潰し

  8. 8

    テラハ木村花さん死去 フジテレビにのしかかる3つの大問題

  9. 9

    木村花さんの死を招きついに打ち切り…「テラハ」の罪と罰

  10. 10

    京大准教授「ソーシャルディスタンス2m必要なし」の根拠

もっと見る