巨人コーチ陣 村田ヘッド続投で要職に“原派ズラリ”の悪夢

公開日: 更新日:

「来季のコーチ陣を見て驚きました。今季は高橋由伸監督が就任以来2年連続でV逸しただけではない。球団ワーストの13連敗を喫してBクラスに落ちた。由伸監督が続投するなら、4位に沈んだ現場責任は、村田ヘッドコーチが取るものだと思っていましたから」

 巨人OBで評論家の高橋善正氏がこう首をひねる。

 巨人が10日、来季の一軍コーチングスタッフを発表。11年ぶりのBクラスとなる4位に沈んだ今季、早々と高橋由伸監督(42)の続投を決めた球団は、その代わりにコーチ陣の大幅なテコ入れに乗り出すとみられていた。

 中でも経験の浅い指揮官を今年もサポートし切れず、ファンの間では「最大の戦犯」とも言われた村田真一ヘッドコーチ(53)の“解任”を望む声が噴出していたが、フタを開けてみれば日刊ゲンダイの既報通り、こちらも「おとがめなし」の続投。それどころか、ヘッド兼任バッテリーコーチと肩書が増えたものだから、ネット上の反応も「勝つ気があるのか」「来季は最下位」と散々である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    かつて石原プロ解散を踏み止まらせた舘ひろしの男気発言

  2. 2

    ショーケンに渡哲也が激怒した“東映京都撮影所騒動”の顛末

  3. 3

    広島V逸なら緒方政権今季限り 次期監督候補に金本氏急浮上

  4. 4

    自民・萩生田氏「消費増税延期」発言に隠された姑息な狙い

  5. 5

    満身創痍も…渡哲也が貫く“男が惚れる晩節”と裕次郎イズム

  6. 6

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

  7. 7

    改革バカにケンカを売る山本太郎「れいわ新撰組」の本気度

  8. 8

    巨人は垂涎…竜新助っ人ロメロで証明された森SDの“慧眼”

  9. 9

    女優と歌手で本格復帰も…柴咲コウを縛る“三足目のワラジ”

  10. 10

    「美味しんぼ」原作者が鼻血問題の騒動後をブログで告発

もっと見る