巨人コーチ陣 村田ヘッド続投で要職に“原派ズラリ”の悪夢

公開日:

「来季のコーチ陣を見て驚きました。今季は高橋由伸監督が就任以来2年連続でV逸しただけではない。球団ワーストの13連敗を喫してBクラスに落ちた。由伸監督が続投するなら、4位に沈んだ現場責任は、村田ヘッドコーチが取るものだと思っていましたから」

 巨人OBで評論家の高橋善正氏がこう首をひねる。

 巨人が10日、来季の一軍コーチングスタッフを発表。11年ぶりのBクラスとなる4位に沈んだ今季、早々と高橋由伸監督(42)の続投を決めた球団は、その代わりにコーチ陣の大幅なテコ入れに乗り出すとみられていた。

 中でも経験の浅い指揮官を今年もサポートし切れず、ファンの間では「最大の戦犯」とも言われた村田真一ヘッドコーチ(53)の“解任”を望む声が噴出していたが、フタを開けてみれば日刊ゲンダイの既報通り、こちらも「おとがめなし」の続投。それどころか、ヘッド兼任バッテリーコーチと肩書が増えたものだから、ネット上の反応も「勝つ気があるのか」「来季は最下位」と散々である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  4. 4

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  5. 5

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  6. 6

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  7. 7

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  8. 8

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    半グレ摘発も…真空地帯となったミナミを仕切るのはどこか

もっと見る