メジャー復帰をダシに マイコの巨人残留決めるカネと条件

公開日: 更新日:

 来日3年目の今季は、チームが4位に沈む中、初の開幕投手を務めるなど27試合で14勝8敗、防御率は2.25。リーグトップの187三振を奪い、最多奪三振のタイトルが確定した。

 今年は2年契約が切れることもあり、登板試合のスタンドにはメジャーのスカウトが陣取った。米球界復帰が噂される来季については、「これから考える。(巨人に)戻って来られれば。(巨人と契約を)継続できれば自分としては素晴らしい」と言いつつ、「メジャーと巨人のどちらが第1希望? 自分の中でメジャーの舞台は常に夢を見てきた所。いろんな要因を考慮して、じっくりと考えて決めたい」と明言はしなかった。

 が、傍らにいたローレン夫人は「決め手? 彼をたくさん評価してくれる場所よ。彼が一番ハッピーになれる環境でやってくれればいい。それは日米どちらでも」とニッコリ。どっちが有利ということはない。要は“「カネ」や「条件」次第で考えますよ”と球団側を牽制したわけだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    エリカ様は張り込み班に「なに撮ってんだよばかやろう!」

  2. 2

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  3. 3

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  4. 4

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  5. 5

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

  6. 6

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  7. 7

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

  8. 8

    現実から目を背けるために過去を「いじくり廻してゐる」

  9. 9

    世界1位奪取にルノー日産が画策?自動車業界大再編の予兆

  10. 10

    京都に“愛の新居”報道…それでも鈴木京香が結婚しない理由

もっと見る