メジャー復帰をダシに マイコの巨人残留決めるカネと条件

公開日:  更新日:

 来日3年目の今季は、チームが4位に沈む中、初の開幕投手を務めるなど27試合で14勝8敗、防御率は2.25。リーグトップの187三振を奪い、最多奪三振のタイトルが確定した。

 今年は2年契約が切れることもあり、登板試合のスタンドにはメジャーのスカウトが陣取った。米球界復帰が噂される来季については、「これから考える。(巨人に)戻って来られれば。(巨人と契約を)継続できれば自分としては素晴らしい」と言いつつ、「メジャーと巨人のどちらが第1希望? 自分の中でメジャーの舞台は常に夢を見てきた所。いろんな要因を考慮して、じっくりと考えて決めたい」と明言はしなかった。

 が、傍らにいたローレン夫人は「決め手? 彼をたくさん評価してくれる場所よ。彼が一番ハッピーになれる環境でやってくれればいい。それは日米どちらでも」とニッコリ。どっちが有利ということはない。要は“「カネ」や「条件」次第で考えますよ”と球団側を牽制したわけだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  4. 4

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る