• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

メジャー復帰をダシに マイコの巨人残留決めるカネと条件

 来日3年目の今季は、チームが4位に沈む中、初の開幕投手を務めるなど27試合で14勝8敗、防御率は2.25。リーグトップの187三振を奪い、最多奪三振のタイトルが確定した。

 今年は2年契約が切れることもあり、登板試合のスタンドにはメジャーのスカウトが陣取った。米球界復帰が噂される来季については、「これから考える。(巨人に)戻って来られれば。(巨人と契約を)継続できれば自分としては素晴らしい」と言いつつ、「メジャーと巨人のどちらが第1希望? 自分の中でメジャーの舞台は常に夢を見てきた所。いろんな要因を考慮して、じっくりと考えて決めたい」と明言はしなかった。

 が、傍らにいたローレン夫人は「決め手? 彼をたくさん評価してくれる場所よ。彼が一番ハッピーになれる環境でやってくれればいい。それは日米どちらでも」とニッコリ。どっちが有利ということはない。要は“「カネ」や「条件」次第で考えますよ”と球団側を牽制したわけだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  6. 6

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬でどうなる沖縄知事選の行方

もっと見る