メジャー復帰をダシに マイコの巨人残留決めるカネと条件

公開日:  更新日:

 来日3年目の今季は、チームが4位に沈む中、初の開幕投手を務めるなど27試合で14勝8敗、防御率は2.25。リーグトップの187三振を奪い、最多奪三振のタイトルが確定した。

 今年は2年契約が切れることもあり、登板試合のスタンドにはメジャーのスカウトが陣取った。米球界復帰が噂される来季については、「これから考える。(巨人に)戻って来られれば。(巨人と契約を)継続できれば自分としては素晴らしい」と言いつつ、「メジャーと巨人のどちらが第1希望? 自分の中でメジャーの舞台は常に夢を見てきた所。いろんな要因を考慮して、じっくりと考えて決めたい」と明言はしなかった。

 が、傍らにいたローレン夫人は「決め手? 彼をたくさん評価してくれる場所よ。彼が一番ハッピーになれる環境でやってくれればいい。それは日米どちらでも」とニッコリ。どっちが有利ということはない。要は“「カネ」や「条件」次第で考えますよ”と球団側を牽制したわけだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  8. 8

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  9. 9

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  10. 10

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

もっと見る