巨人のみ社長とGM出席 清宮面談“最多5人”動員の理由

公開日:

 2日の早実・清宮幸太郎(3年)の面談に参加した巨人の首脳たちは、昼すぎのJR国分寺駅に電車で集結した。

 石井球団社長、鹿取GM、岡崎スカウト部長、担当の福王東日本統括スカウト、球団職員を含めた総勢5人が駅構内で待ち合わせ。地図で入念に学校の位置を確認してから、7分の位置にある同校へ徒歩で向かった。

 父でラグビーのトップリーグ、ヤマハ発動機監督の克幸氏、母の幸世さんも同席した約30分間の面談内容について、岡崎スカウト部長は「高く評価していると伝えた。(清宮からは)施設とかそういうものを聞かれた。環境的なこと。それ以外はないです」とし、印象について「1メートルの距離で見ると、すごく雰囲気がある。好青年で聡明な感じ」と目を細めた。

 清宮は将来的にメジャー挑戦を希望しているが、「メジャーの話題? ない」とキッパリ。松井、高橋、阿部といった左の強打者の先輩たちの話題、両親からの質問、育成方針、プロ入り後のポジションの話などは一切「なかった」と言う。同部長は「今回は球団の高い評価を伝えるのが趣旨なので」と説明したが、額面通りには受け取れない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    巨額税収減に負け惜しみ連発…小池知事がさらけ出した無能

  4. 4

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  7. 7

    世論調査で内閣支持率一斉下落…肝いり政策がそろって不評

  8. 8

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  9. 9

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

  10. 10

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

もっと見る