今オフも大補強 松本哲也引退で「育成の巨人」は店じまい

公開日:  更新日:

「育成の星」がユニホームを脱ぐ。巨人の松本哲也(33)が6日、今季限りでの引退を表明。都内の球団事務所で会見を行い、「今年1年間、一軍に上がれず二軍暮らしが続いたことが一番の決め手」と理由を明かした。今季は二軍で打率.288をマークしたものの、一軍出場はゼロだった。

 原前監督が「まっちゃん(松本)の外野守備は12球団一」と太鼓判を押した守りは鉄壁で、ダイビングキャッチがトレードマーク。「みんなより体も小さい(168センチ)ので、常に一球一球全力でやっていかないと生き抜けないと思っていた」と白い歯を見せた。

 2006年育成ドラフト3巡目で入団。1年目の春季キャンプ中に、巨人の昇格第1号として支配下登録された。09年に一軍に定着し、129試合に出場して打率.293、16盗塁で新人王とゴールデングラブ賞を獲得。「(09年に)日本一になれたことが思い出」と振り返った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る