元川悦子
著者のコラム一覧
元川悦子サッカージャーナリスト

1967年7月14日生まれ。長野県松本市出身。業界紙、夕刊紙を経て94年にフリーランス。著作に「U―22」「黄金世代」「『いじらない』育て方 親とコーチが語る遠藤保仁」「僕らがサッカーボーイズだった頃」など。

ベルギーで躍動 ベフェレン森岡亮太に代表への思い聞く

公開日: 更新日:

「モリオカはなぜ日本代表に入っていないのか」。ベルギーで取材中、この疑問を何度も投げかけられた。ベフェレンMF森岡亮太(26)が残しているインパクトは、それほど絶大だ。今季ポーランドからベルギーへ移籍し、ここまで12戦で6得点8アシスト。得点数は欧州日本人選手の中でトップである。「リーグのレベルにもよると思うし。プレミアリーグで4点(を取っている岡崎慎司=レスターFW)の方がヤバイでしょ」と本人は謙遜するが、3年ぶりの代表復帰への意欲は強い。注目の男を現地で直撃した。 

 京都・久御山高校から2010年に神戸に入団し、12~15年にはエースナンバー10を背負った森岡。小学生時代からサッカーとフットサルを掛け持ちして養った高度な技術、戦術眼は高く評価されていた。14年にはアギーレ監督体制の代表に初めて呼ばれ、10月のブラジル代表戦(シンガポール)に先発出場。ネイマール(PSG)にハットトリックを決められ、0―4で惨敗したこの一戦が、森岡自身の人生の大きな転機となった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “安倍側近”の下関市長 市立大人事「私物化疑惑」が大炎上

  2. 2

    本当の賞金女王は渋野 女子プロの戦意削ぐランク制度の穴

  3. 3

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  4. 4

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  5. 5

    巨人の金庫にカネがない!バレに10億円積むソフトBを傍観

  6. 6

    ジャパンライフ“お墨付き”は安倍首相が 元社員が重大証言

  7. 7

    最後の一線を越えた…7年間にも及ぶ国と社会に対するテロ

  8. 8

    “反社おじさん”菅長官KO寸前 側近の公金不倫旅行まで発覚

  9. 9

    氷川きよしはどこへ向かうのか?「きよしこの夜」潜入ルポ

  10. 10

    阪神藤浪は0勝で25%減更改 現役ドラフト導入なら1位指名

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る