元川悦子
著者のコラム一覧
元川悦子サッカージャーナリスト

1967年7月14日生まれ。長野県松本市出身。業界紙、夕刊紙を経て94年にフリーランス。著作に「U―22」「黄金世代―99年ワールドユース準優勝と日本サッカーの10年 (SJ sports)」「「いじらない」育て方~親とコーチが語る遠藤保仁」「僕らがサッカーボーイズだった頃2 プロサッカー選手のジュニア時代」など。

ベルギーで躍動 ベフェレン森岡亮太に代表への思い聞く

公開日: 更新日:

「モリオカはなぜ日本代表に入っていないのか」。ベルギーで取材中、この疑問を何度も投げかけられた。ベフェレンMF森岡亮太(26)が残しているインパクトは、それほど絶大だ。今季ポーランドからベルギーへ移籍し、ここまで12戦で6得点8アシスト。得点数は欧州日本人選手の中でトップである。「リーグのレベルにもよると思うし。プレミアリーグで4点(を取っている岡崎慎司=レスターFW)の方がヤバイでしょ」と本人は謙遜するが、3年ぶりの代表復帰への意欲は強い。注目の男を現地で直撃した。 

 京都・久御山高校から2010年に神戸に入団し、12~15年にはエースナンバー10を背負った森岡。小学生時代からサッカーフットサルを掛け持ちして養った高度な技術、戦術眼は高く評価されていた。14年にはアギーレ監督体制の代表に初めて呼ばれ、10月のブラジル代表戦(シンガポール)に先発出場。ネイマール(PSG)にハットトリックを決められ、0―4で惨敗したこの一戦が、森岡自身の人生の大きな転機となった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    松本潤主演「99.9」ヒロインが黒木華ではなく杉咲花のワケ

  2. 2

    NHK「おちょやん」が不人気 話題にもならないのはなぜか

  3. 3

    三田寛子が不倫を繰り返す夫・中村芝翫と離婚しない理由

  4. 4

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  5. 5

    47都道府県の1日新規感染を“東京換算” 浮かび上がる深刻さ

  6. 6

    近藤春菜”レギュラーゼロ“にならず 土俵際で見せた粘り腰

  7. 7

    「総辞職は時間の問題」という声も 虚ろな首相はもう限界

  8. 8

    「おかえりモネ」清原果耶にかかる重圧…前作大苦戦の連鎖

  9. 9

    小室ママ雲隠れ…眞子さま"代理解決"を急ぐ秋篠宮家の事情

  10. 10

    明日海りお「おちょやん」で再出演はナシ…宝塚ファン悲鳴

もっと見る