大迫のW杯にも影響必至 ハリルを悩ます独ケルンの絶不調

公開日:  更新日:

 日本代表ハリルホジッチ監督の悩みの種といえば、代表FW大迫勇也がプレーしているケルンの絶不調ぶりである。

 代表では1トップのレギュラーとしての地位を固めている大迫だが、ケルンは今季リーグで8試合を消化して1分け7敗(3得点、17失点)。最下位の18位に低迷中だ。

 大迫自身のパフォーマンスは悪くない。

 日本時間20日午前2時キックオフの欧州リーグ(EL)のバテボリソフ(ベラルーシ)戦でも1トップから両サイド、さらには中盤の底まで下がって孤軍奮闘。後半の7分、17分、43分と味方のシュートをお膳立て。

 しかしシュートがGKの正面を突く不運もあってボール支配率59%(相手41%)、シュート数17本=枠内8本(相手10本=3本)と優勢に試合を進めながら、結局0―1の敗退に終わった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る