大迫のW杯にも影響必至 ハリルを悩ます独ケルンの絶不調

公開日:  更新日:

 日本代表ハリルホジッチ監督の悩みの種といえば、代表FW大迫勇也がプレーしているケルンの絶不調ぶりである。

 代表では1トップのレギュラーとしての地位を固めている大迫だが、ケルンは今季リーグで8試合を消化して1分け7敗(3得点、17失点)。最下位の18位に低迷中だ。

 大迫自身のパフォーマンスは悪くない。

 日本時間20日午前2時キックオフの欧州リーグ(EL)のバテボリソフ(ベラルーシ)戦でも1トップから両サイド、さらには中盤の底まで下がって孤軍奮闘。後半の7分、17分、43分と味方のシュートをお膳立て。

 しかしシュートがGKの正面を突く不運もあってボール支配率59%(相手41%)、シュート数17本=枠内8本(相手10本=3本)と優勢に試合を進めながら、結局0―1の敗退に終わった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  7. 7

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  8. 8

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  9. 9

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

  10. 10

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

もっと見る