大谷の“二刀流”成功も後押し 敏腕代理人の交渉力と指導力

公開日:  更新日:

 敏腕代理人との契約は球団との交渉はもちろん、グラウンドでも吉と出そうだ。

 日本ハム・大谷翔平(23)が代理人契約を交わした「CAAスポーツ」代表のネズ・バレロ氏(54)は、マリナーズ傘下で4年間、内野手としてプレーした元マイナーリーガー。選手経験を生かして、顧客に助言することも珍しくないという。

 顧客のひとりであるブルワーズの主砲R・ブラウンがマイナー時代には、オフに個人コーチを務めていた。打撃投手として1日1000球近く投げるなど、若いブラウンを献身的にサポート。バレロ氏による打撃指導もあって、ブラウンは後にMVP(11年)、本塁打王(12年)、シルバースラッガー賞(08~12年)のタイトルを獲得し、メジャーを代表する長距離砲に成長した。

 現在は多忙なバレロ氏が大谷に直接指導するとは考えにくいが、アドバイスを受けるぐらいは可能だ。バレロ氏の事務所には顧客の打撃フォームなどを収めた映像がストックされており、選手の求めに応じて常時、確認できるようになっている。今でもブラウンは調子を崩すと、バレロ氏に連絡して、打撃フォームなどの助言を受けているという。

 二刀流を目指す大谷にとっては、本塁打王を育てた代理人のバックアップも期待できそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  4. 4

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  5. 5

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  6. 6

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  7. 7

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  8. 8

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    実は辺野古反対派 昭恵夫人「海を守りたい」思いはどこへ

もっと見る