現地メディア驚愕 大谷「月収12万円」でも米挑戦の気概

公開日: 更新日:

「金銭的なことを考えれば、あと2年待った方がいいのは明らか。それをあえて最短で渡米ということは、金銭以外がモチベーションになっているのは間違いありません」

 こう話すのはアメリカ野球愛好会副代表で法大講師の鈴村裕輔氏だ。

 今オフ、ポスティング制度を利用してのメジャー挑戦が確実視されている日本ハムの大谷翔平(23)。主に肯定的な報道が目立つ日本とは異なり、米国の多くのメディアやファンは驚愕している。

 その理由はカネだ。「米ヤフースポーツ」ではコラムニストのジェフ・パッサンが、「ショウヘイ・オオタニは来季MLBでプレーするために、テーブルの上に積まれた数億ドルを蹴るだろう」という見出しで、「オオタニは総額2億ドル(約220億円)の価値がある。あと2年待てば、彼を望むどの球団とも契約できる。しかし、オオタニはカネにこだわっていない」と書いている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  4. 4

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  5. 5

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  6. 6

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

  7. 7

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  8. 8

    永野芽郁と本田翼が急伸 2019年"CM女王争い"に異変の兆し

  9. 9

    洪水に襲われた農地に小型冷蔵庫!その中身に全米ホッコリ

  10. 10

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

もっと見る