現地メディア驚愕 大谷「月収12万円」でも米挑戦の気概

公開日:

「金銭的なことを考えれば、あと2年待った方がいいのは明らか。それをあえて最短で渡米ということは、金銭以外がモチベーションになっているのは間違いありません」

 こう話すのはアメリカ野球愛好会副代表で法大講師の鈴村裕輔氏だ。

 今オフ、ポスティング制度を利用してのメジャー挑戦が確実視されている日本ハムの大谷翔平(23)。主に肯定的な報道が目立つ日本とは異なり、米国の多くのメディアやファンは驚愕している。

 その理由はカネだ。「米ヤフースポーツ」ではコラムニストのジェフ・パッサンが、「ショウヘイ・オオタニは来季MLBでプレーするために、テーブルの上に積まれた数億ドルを蹴るだろう」という見出しで、「オオタニは総額2億ドル(約220億円)の価値がある。あと2年待てば、彼を望むどの球団とも契約できる。しかし、オオタニはカネにこだわっていない」と書いている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る