現地メディア驚愕 大谷「月収12万円」でも米挑戦の気概

公開日:

「金銭的なことを考えれば、あと2年待った方がいいのは明らか。それをあえて最短で渡米ということは、金銭以外がモチベーションになっているのは間違いありません」

 こう話すのはアメリカ野球愛好会副代表で法大講師の鈴村裕輔氏だ。

 今オフ、ポスティング制度を利用してのメジャー挑戦が確実視されている日本ハムの大谷翔平(23)。主に肯定的な報道が目立つ日本とは異なり、米国の多くのメディアやファンは驚愕している。

 その理由はカネだ。「米ヤフースポーツ」ではコラムニストのジェフ・パッサンが、「ショウヘイ・オオタニは来季MLBでプレーするために、テーブルの上に積まれた数億ドルを蹴るだろう」という見出しで、「オオタニは総額2億ドル(約220億円)の価値がある。あと2年待てば、彼を望むどの球団とも契約できる。しかし、オオタニはカネにこだわっていない」と書いている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    巨額税収減に負け惜しみ連発…小池知事がさらけ出した無能

  4. 4

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  7. 7

    世論調査で内閣支持率一斉下落…肝いり政策がそろって不評

  8. 8

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  9. 9

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  10. 10

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

もっと見る