PS初失点も マエケン中継ぎ転向なら来季出来高どうなる

公開日:

 先発から配置転換され、リリーフとしてフル回転しているドジャースの前田健太(29)。ポストシーズンは7試合計9イニングに登板して無失点だったが、8試合目のワールドシリーズ第5戦で初失点となる痛恨の同点3ランを浴びてしまった。ただ、先発だけでなく、リリーフの適性も存分に発揮しているのは事実。

 そこで気になるのが、来季もリリーフとして起用された場合に手にするカネだ。

 前田の年俸は300万ドル(約3億4000万円)だが、出来高が総額約11億5000万円とデカい。しかし、その出来高は主に先発登板数と投球回数についている。

 例えば昨季は32試合に先発し、投球回数は175回3分の2。年俸と合わせて約13億円を手にした。6月中旬にリリーフに回った今季は25先発で134回3分の1。出来高を含めた稼ぎは約9億円にダウンする。来季リリーフに専念なら、出来高はほとんど期待できないことになる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

もっと見る