PS初失点も マエケン中継ぎ転向なら来季出来高どうなる

公開日: 更新日:

 先発から配置転換され、リリーフとしてフル回転しているドジャースの前田健太(29)。ポストシーズンは7試合計9イニングに登板して無失点だったが、8試合目のワールドシリーズ第5戦で初失点となる痛恨の同点3ランを浴びてしまった。ただ、先発だけでなく、リリーフの適性も存分に発揮しているのは事実。

 そこで気になるのが、来季もリリーフとして起用された場合に手にするカネだ。

 前田の年俸は300万ドル(約3億4000万円)だが、出来高が総額約11億5000万円とデカい。しかし、その出来高は主に先発登板数と投球回数についている。

 例えば昨季は32試合に先発し、投球回数は175回3分の2。年俸と合わせて約13億円を手にした。6月中旬にリリーフに回った今季は25先発で134回3分の1。出来高を含めた稼ぎは約9億円にダウンする。来季リリーフに専念なら、出来高はほとんど期待できないことになる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  2. 2

    小池知事 いよいよ「五輪撤収、責任回避モード」に突入か

  3. 3

    アスリートがワクチンに殺される…副反応で体調不良が続出

  4. 4

    維新梅村議員に文通費流用疑惑 公設秘書は殺人未遂で逮捕

  5. 5

    “ぼったくり男爵”バッハ氏来日で組織委警戒の帰れコール!

  6. 6

    危機あおる小池都知事 “五輪返上”ブチ上げ国政進出画策か

  7. 7

    パ混乱の“日ハムクラスター”…球団や栗山監督に不信感増幅

  8. 8

    川口春奈「着飾る恋」8年前の“汚名返上”に関係者ヒヤヒヤ

  9. 9

    世界が「五輪中止せよ!」の大合唱 菅政権ゴリ押しの異様

  10. 10

    巨人にリリーフ強化のトレード情報 防御率ガタ落ち大慌て

もっと見る